異業種、異職種への転職で押さえておきたい3つのポイント

オフィスの仲間

同業他社の同様の職種に転職するという場合があります。

今までの経歴をほぼそのまま活かせるような転職です。

 

しかしキャリアアップもしくはキャリアの幅を広げたいとという希望が強く働く場合、異業種や異職種への転職が行われるのはよくあることです。

 

このような転職は、採用側の企業が求職者の今までの経歴に期待するものがあって、それらの経歴を自社で活用することが可能であると判断された場合に実現します。

 

大いに期待されて転職が実現されたものの、実際に仕事を始めてみれば苦労が絶えないのが現実でしょう。

新しい仕事環境、新しい上司、新しい同僚、慣れない仕事。

新しいことだらけでストレス満載です。

経験のない仕事への転職を成功させる3つのポイント

打ち合わせこんなストレスだらけの状況を打開して転職を成功させるためには3つのポイントが重要になってきます。

 

  1. 前職での経験が活かせる仕事をいくつか見つける
  2. 上司、同僚を見極める
  3. 新しい職場に慣れるまでの時間が必要であることを自分に認める

 

これら3つのポイントの内容には、転職前にやっておくべきこと、新しい職場に行ってからやるべきことがあります。

 

それらについて説明します。

前職の経験が活かせる仕事をいくつか見つける

前職の経験を生かせる仕事を見つけるということには、2つの意味があります。

 

1つは本業において前職の経験を活かす仕事を探すという意味です。

 

これが期待されて採用が決まったわけでですから、今までの経験をきっちりと仕事に活かして会社に貢献しなければならないのは言うまでもありません。

 

もう1つの意味は、自分のちょっとした技術を仕事に活かすという意味です。

 

例えば見栄えの良いプレゼン資料を作る技術、簡単なプログラムを作る技術、図面を描く技術などといったものを仕事に活用するというものです。

 

いくつかの技術はものによっては、異業種/異職種では珍しく重宝がられたりするものもあります。

それらの技術で、会社とまでいかなくとも自分の所属するグループや先輩。上司の仕事をサポートすることができるようであれば大いに使っていくべきでしょう。

 

「この手の仕事は〇〇君にお願いしよう。」

 

などと言われるようになればしめたもの。

新しいことばかりの環境に自分の居場所を作る足場になるのです。

 

そうやって人の手助けをし、小さいながらもグループにどんどん貢献することにより、新しい環境に溶け込むスピードがグンと増すわけです。

上司、同僚を見極める

いやらしい上司

これから少なくとも数年にわたり一緒に仕事をする仲間を知っておくことは極めて重要です。

 

上司、同僚の情報はなるべく早く仕入れておきたいもの。

できれば転職を決める前にある程度を把握しておくことが望ましいでしょう。

 

これに関しては転職エージェントを活用することは極めて有効です。

転職エージェントは相手企業の人事部とのパイプを利用して、仕事内容、仕事仲間の情報を得ることが可能です。

場合によっては面接の時に、採用された場合の上司に同席してもらうようなこともお願いすることができるかもしれません。

慣れるまでの期間が必要であることを自分に認める

ミーティング

環境に早く慣れようとするあまり自分を変に追い込むのは逆効果です。

 

新しい環境、新しい仕事に慣れるには、むしろ時間がかかるものだと開き直ることが大切です。

無理に慣れるのではなく、気がついたら慣れていたという程度がちょうど良いでしょう。

今回のポイント

新しい環境に慣れて少しでも早く会社に貢献することは、採用側の会社、転職者の双方にとって大きなメリットです。

そのために転職前にやれること、転職後にやれることがあります。

特に転職前の情報収集には転職エージェントの力を大いに活用しましょう。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職エージェントの非公開求人情報は本当にありがたいのか?

やる気

中小企業から大企業への転職は難しいのか

転職エージェントに紹介された会社からもらった内定、どのように辞退すれば良いの?

堂々たる姿勢

転職エージェントの収益構造を知らなければ転職活動で損をする!

転職エージェントに登録拒否されそうな時の対処方法とは

考え込むビジネスマン

転職エージェントの担当コンサルタントへの不信感が拭えない…