40歳台以降はリストラを意識しよう!

山を眺める男

40歳代は会社人生の分岐点。その意識を持たない人は流される!

会社人間にとって40歳代は人生の分岐点と言えます。

その意識を持ってこの時期を過ごすか否かで行動は大きく変わり、その後の人生にも大きな影響を与えるものです。

私たちは今のままの仕事環境がいつまでも続くものと考えがちで、今自分がそんな分岐を迎えていることを意識もせず、気がつけば50歳代になってしまい、突然のリストラに慌てふためいたりするわけです。

 

じつは私もそうでした。

たくさんの失敗をしてきました。

 

人生は通り過ぎて見なければわからないことがたくさんあります。

 

40歳代はこんなことを意識して過ごしてくればよかった、という小さな自戒を込めてこの記事を書きました。

40歳代が迎える分岐は簡単には以下のようなものです。

40歳代の分岐点

正社員として会社にいる限り、必ずこのような分岐点を通ることになります。
これを意識していない人は会社の都合だけによる選択を押し付けられることになってしまうのです。

ですからこのような人は、部署異動に不満を感じたり、出世しないことに焦りを感じたり、リストラに慌てふためくのです。

自分で選択しよう

ある意味、人生は選択の連続とも言えますが、あなたにとって40歳代の選択は極めて重要です。

そして何よりも大切なのは、その分岐点での選択はあなた自身で行うと言うことなのです。

もちろんあなたの思い通りにばかりなるわけではありません。
思い通りにならないことの方が多いかもしれません。

不本意に異動を命じられることもあるでしょう。

しかし、40歳代の分岐点という意識があれば、不本意な異動は経験の幅を広げるチャンスを捉えることができ、いずれゼネラリストとしてキャリアを伸ばすとか、将来的には転職することも視野に入れられたりするものです。

転職だけは会社の意思に関係なく決められる

人生を描く今の会社でスペシャリストとして働き続けるのか、ゼネラリストとして働き続けるのかを決定する要因は、ほとんどは会社の都合がありあなたの一存で決められるものではありません。

しかし転職は今の会社の意向は基本的に関係ありせん。

転職はあなたの意思で決定できる重要な選択肢なのです。

その意味で転職への道をいつも開いておくことが40歳代には欠かせないのです。

 

突然のリストラに慌てふためいて、会社にしがみついたりして苦渋の会社人生を選択させられないために転職の準備は進めておきましょう。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 

また転職エージェント活用講座もあります。
ぜひ参考にしてみてください。

あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キラリン会社員

30歳代は転職適齢期

長く続く線路

人生は1つだけ、会社はいくつでも!

転職に有利な資格にはどんなものがあるか?

叫び

転職や再就職ではなく、起業を選択する3つの理由

リベンジ

リベンジ転職は是か非か

タクシー業界は年寄りとオヤジばかり?