社会人3年目が最初の転職好機

今回は新卒から社会人の仲間入りをして3年目という大切な節目の時期について話をしましょう。

はっきり言って、3年目に至るまでの3年間は非常に重要な時期なのだということなのです。

その3年があってこそ、3年目の転職が生きてくるのです。

「石の上にも三年」といいます。

この言葉は、人生の大事は三年くらいの経験を経ないとわからないし、短い期間で自分にとっての良し悪しを判断してはいけないという戒めなんですね。

だから新卒入社組は少なくとも3年間は今の仕事を継続してほしいのです。

*注*
ただし、石の上にも三年ということわざは一般的な話。
人を人とも思わないような違法すれすれの会社に入ってしまったのであれば話は別です。
身を守るための行動は必要です。

転職者にとっての社会人3年目

社会に出て1年目は、入社した会社で仕事、マナー、先輩や上司との付き合い方など学ばなければならないことがたくさんあります。

その期間は仕事を楽しむという余裕はほとんどなく、覚えることで精一杯かもしれません。

しかし社会人3年目くらいになると、いろいろなことを冷静に見ることができるようになるものです。

会社の仕事の進め方に対する疑問、自社製品に対する疑問。
結構仕事が楽しいとわかってきたり、やはりあの仕事がしたいと思ったり。
自分に足りない能力があって、もっと学びたいと思ったりと。

入社当時に比べれば、経験を通して明らかに生きた情報が増えてきます。
しかも3年も経てばそれらを冷静に客観的に見ることができるようになっています。

これからの身の振り方を考えるとてもいい時期でもあるのです。

求人企業にとっての社会人3年目

一方、求人側企業にとってはどうでしょうか?

社会人3年目の転職者というのは、採用側にとっても適度にこなれたとっても良質な「素材」と言えるのです。

  • まだまだポテンシャルを十分に期待できる年齢
  • 社会人としての基本的なマナーは身についている
  • 転職に対してそれなりの覚悟があって、やる気を期待できる

ある意味、企業にとっては新卒よりも良い人材を確保できる宝の人材層と言えます。

しかしここで注意したいのは、社会人3年目に至るまでの経緯がどうなのかということなのです。

先にも触れましたが、3年間1つの会社で頑張ってきたのか、幾つもの会社を転々としてきたのかということが最も気になるところで、場合によってはせっかくの期待感が霞んでしまうことになります。

転職者にとっては仕方のない事情もあるでしょうが、3年間の転職内容によっては、求人企業は期待よりも疑いを多く持ってしまうこともあります。

3年目を意識せよ

無意識のうちに、惰性で3年目を過ごしてしまうのは勿体無い。

むしろしっかりと意識しておくことをお勧めします。

社会人3年目は人生の方向転換をする絶好のチャンスなのです。

今回のポイント

社会人3年目は自分の人生を見つめ直し、方向転換をする絶好のチャンス。
漫然と過ごしてしまうのではなくしっかりと意識し、場合によっては転職することも考えましょう。

関連記事

社会に出てみて分かったこと 大学生で明確な目的を持って会社を選んだと言う人はかならずしも多くはないでしょう。 なんとなく。 面白そうだ...
力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

別のメイドさん

たまにはメイド喫茶で転職を計画するのもいい!

キラリン会社員

30歳代は転職適齢期

ボーナスをもらった直後に退職を申し出ても良いのか?

疑問を抱く

『職場が嫌い』と『仕事が嫌い』のどっちが問題か?

営業から営業への転職はツブシが効くのか

砂時計

35歳転職限界説の崩壊に伴う転職活動の変化