転職では年齢よりも実力が重要という当たり前の話

頑張ろう

『30歳代を超えてくると転職はどんどん難しくなる。
50歳代では転職は無理。』

と良く言われます。

実際、このようなイメージを持っている人は結構多いし、この言葉のせいで転職を躊躇してしまう人もまた多いでしょう。

しかし、この言葉はイメージばかりが先行した使われ方をしていて、こんな言葉に振り回されるのは馬鹿げていると言わざるを得ません。

もう少し踏み込んで理解をしておく必要があるのです。

今や年齢は転職の難しさを示すバロメーターにはならない。
転職では年齢よりも実力が重要なのです。

考えてみれば当たり前のことですね。

この当たり前を前提にして、

  • 年齢
  • 実力
  • 可能性

を捉えておくことが転職成功させる鍵になるのです。

転職を成功させるための条件

ベストな条件は、若くして実力があること。
これが最強です。

しかし多くの若者は必要な実力を満たしていないことが多いのです。
特に専門的な内容になるとその傾向は強くなってしまいます。

転職での若者の武器は『可能性』なんです。

『若さ』=『実力を身につける大きな可能性』

ですから20歳代の若者の場合は、成長の可能性を強烈に感じさせること、それができれば採用側の心をつかむことができるでしょう。

 

一方、40歳代、50歳代と年齢が高い場合は、実力がメインの勝負になってきます。

このことをもって、多くの人は年齢が高いと転職が厳しくなると言うのでしょうが、逆に言えば年齢が高くても実力があれば転職は可能だということを意味してもいるのです。

実力の評価は極めて相対的なもの

中高年者の転職では、ここで1つ問題が起きる。

自分の実力はそれほどズバ抜けたものではないと多くの人が感じていると言うことなのです。

それは確かにそうかもしれない。

多くの人はある会社でその業務に必要なスキルを身につけるが、同僚たちも一通りそのスキルを身につけている場合が多いものです。
そのスキルがないと仕事ができないからです。

そんな環境にいれば、自分のスキルなど『ごく一般的』で特別ではないと感じるのは当たり前ですし、『その組織内』ではその通り普通のスキルに過ぎないのです。

 

しかし実力とは本来極めて相対的な価値なのです。

 

駆け出しの同業他社では、その『ごく一般的』なスキルを喉から手が出るほど欲しいし、中小企業では『高度な』スキルにもなりうるのです。

自分のスキルは平凡なものだと感じている人は、そのスキルを活かす場所を変えてみるといいのです。

水の無いところで水を売り出せば、簡単に売れていくのが道理です。

今回のポイント

  • 転職では年齢よりも実力が重要。
  • あるところでは平凡なスキルも、そのスキルがないところに持っていけば高く売れる。
力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

心機一転、沖縄に転職してみたい20歳代!

モヤモヤ

自分のキャリアに対して責任を持つ

転職サイトに登録しようと考えているが、いまの会社に情報が漏れないか心配

これからの時代、タクシー業界は転職先としてかなり面白い!

将来を考える

40歳代、50歳代の厳しい転職、その心得は?

給料袋

安い給料で便利に人を使おうとする店長。給料アップをほのめかしたら、それは会社が決...