転職の書類選考は合格したけど、面接で何を聞かれるのか不安

思い悩む女性

お分かりのことと思いますが、面接はキツネとタヌキの化かし合いの場ではありません。

お互いに、求めている人材なのか、求めている企業なのかを確かめ合う場なのです。

面接の目的

面接の目的は大きく分けて3つあります。

 

  1. 提出書類の整合性の確認
  2. 前職、現職の退職理由の確認
  3. 人柄の確認

 

これらを表情とその場の雰囲気という面接ならではの情報から判断していくわけです。

提出書類の整合性の確認

面接の場ではすでに履歴書と職務経歴書で書類選考が行われているはずですね。

それらの書類で求人企業は次の点を主に見ている。

 

  • 求めている人材であるか
  • 仕事に前向きであるか
  • 自分の強みを理解しているか

 

求人企業側はさらに詳細を聞いてきます。

そして内容が本当に正しいかを確認しようとするのです。

 

基本的には知っていること、経験したことをベースに答えれば良いでしょう。

 

ただ第一志望の企業であれば事前調査をしておくべきでしょう。

何を事前調査するかといえば、求人企業のニーズです。

 

このあたりの情報を得るためには転職エージェントは代え難い存在で、大いに活用したいところです。

 

例えば海外での生産展開の人材を求めているといった事前情報があったとします。

その情報を頭の片隅に置いて受け答えをするかしないかで、グッと雰囲気が変わってくるでしょう。

 

また自分の強みを理解して面接に臨むことが重要です。

何度も言いますが、自分の強みとは求人企業が必要としている能力のことなのです

 

仕事に前向きかどうかは雰囲気から滲み出てくるものです。

前向き感を小手先のテクニックで演出するのは意味がないどころか、相手によってはマイナス効果になりかねません。

言葉にするのではなく、静かな気持ちで示すことが大切です。

疑問
初めての就職から数年、自分の夢に向けて転職をしたい若者。 メーカーの製造部で勤続15年、実家近くの健康用品販売会社に転職したい中年。 ...

前職、現職の退職理由の確認

この受け答えで苦労する人は多いかもしれん。

 

採用側が知りたいのは、自分勝手にさっさと仕事を辞めてしまうような人間かどうかということです。

自分の思いだけではなく、冷静に状況を判断して退職を決断したことを伝えることが重要です。

 

単に今の会社や仕事に不満、残業が多すぎて大変などということにとどまらず、何を変えればより良い状況が得られるのかを考えて、最終的に転職を決断しましたということを伝えることがポイントになります。

人柄の確認

人柄はとりつくろえるものではありません。

 

ちょっとした雑談の時などに、出てきてしまうものですから。

お互いに、この人と仕事をしたいと思えるかが問われるのです。

 

これは人柄がいいとか悪いとかの問題ではありません。

一言で言ってしまえば、相性ですね。

気にしても仕方のないことかもしれません。

 

面接官が雑談などをするのは、相手をリラックスさせて、本音、人柄を知りたいという気持ちの表れなのです。

面接での心得

  • 素の自分を知られても構わないという開き直りを持つ
  • 素の会社の姿を知ろうとする気迫を持つ
  • 自分の活躍の場がこの会社にあるのかを知ろうとする気迫を持つ

お互いに飾り立てて入社が決まっても、その後で苦労するばかりです。

飾るのではなく本音でぶつかるのが面接なのです。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

面接

転職の面接、緊張感を和らげる具体的な方法を紹介します!

面接に最も必要なのは、結局はコミュニケーション能力

書類選考は通過できても、毎回面接で落とされてツライ…

困った

大切な面接なのに、うまい転職理由が思い浮かばない!

オッケー

面接での紋切り型の逆質問は逆効果!?

ビジネスグループ

面接で求人企業を知るポイントを教えます!