介護業界に転職希望、でも低賃金で生活できない?

今日は介護業界の賃金について話をしてみましょう。

あなたが見つけた介護施設の賃金がいくらかは分からないが、本当に生活できないレベルの低賃金であれば、そのような施設で仕事は続けられません。

転職にあたって確認しておくべきこと

転職にあたって少なくとも確認しておきたいことは、新しい仕事は

  1. 自分に適した仕事か
  2. 元気に仕事が続けられる仕事内容、仕事環境か
  3. 生活できる賃金レベルか

この3つの内容を転職活動中にしっかり確認しなければいけません。

そしてこの3つの項目が自分にとって好ましいバランスになりそうかどうかを見極めることが大切なのです。

しかし、これらのレベルがどの程度であればOKかなどという決まった基準はどこにもありません。
ネットには色々なことが書かれているが、ネット上の判断は他人の判断であって、そのまま自分に当てはめることなどできません。

自分にとってOKかを、自分で判断するしかありません。

 

残念なのは低賃金などといった良くないイメージが先行して、介護業界全体を切り捨ててしまうことです。

賃金、仕事内容、仕事環境はじつは施設によって大きく異なるのです。
なるべくたくさんの会社、施設を調べましょう。

こちらの記事も参考にしてください。

介護業界は「人」を相手にする職業ならではの難しさや大変さがある一方で、人に尽くしたい、人の喜ぶ顔が見たいという人には働きがいのある業界であると言...

介護業界は低賃金などという一方的なイメージ記事や体験談などに惑わされず、介護が自分に適した仕事に違いないと思うならば、自分で現実の情報を獲得することが大切なのです。

介護業界は間違いなく伸びる業界

介護業界は国の施策が定まらない状況で業界自体がフラフラしているように見えるが、間違いなくこれから伸びる路線に乗っている業界なのです。

その業界で実務経験を積み資格を取得しておくことの意味は大きいのです。

そして資格を持つならば国家資格を目指しましょう。

介護業界が異分野の業界と交わる時に国家資格の持つ意味は大きく、それらの資格を持つ人材は間違いなく重宝されることでしょう。

現在は介護福祉士という資格が国家資格です。
いずれこの上に認定介護福祉士という国家資格が作られる予定です。

その辺りも、よくウォッチングしておきましょう。

参考資料
日本介護福祉士会 資料

 


  MedFit
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

別のメイドさん

たまにはメイド喫茶で転職を計画するのもいい!

パワハラ

人前であなたをバカにする上司。そんな上司にしがみ付く理由は何だ?!

焦り

転職を考えているけれど、採用面接が怖い…

介護業界はブラック業界なのか?

叫び

転職をしたいけれど家族の理解が得られない!家族との円満な話し合いを実現するコツは...

タクシー業界では女性ドライバーが求められている