転職は生計を共にする家族の問題

家族団欒

転職を個人的な問題であると勘違いしている人は結構いるものです。

生活と生計を共にしている家族がいるのであれば、転職は家族の問題であることは明らかです。

なるべく早い段階で転職の意思を家族に伝えておかなければいけません。

妻や夫(パートナー)への影響

二人で家計を支えているのであれば、そのうち一人の収入が転職によってどのような影響が出るのかは大きな問題です。

子供の養育費を抱えていたりすればなおのこと。

パートナーへはなるべく早く伝えておくべきです。
しかし転職の話をすれば反対されると考えて言い出せない人がいます。

本当に転職がしたいのであれば、まずはパートナーを説得できなければいけません。

  • 転職の理由
    なぜ転職しなければいけないのか、なぜ転職したいのか、どのような会社への転職を考えているのか、この辺りのことを自分の頭を整理するつもりで考えましょう。
  • 転職によってもたらしたい目標
    収入アップ、キャリアアップ、自由な時間を増やすなど目標を具体的な数字にしておくことが大切です。
  • 家族への影響
    通勤場所、転勤の可能性、社宅、健康保険など家族に影響を与えそうなことを整理しておきましょう。

それらを整理してパートナーとの話し合いの機会を設けるのです。
その話し合いは説得というよりは、転職は家族として可能なのかを相談することでもあるのです。

単に自分のわがままになっていないか?
このことは常に心に留めておかなければいけません。

ただここでわたしが言いたいのは、家族のために自分を犠牲にしろといっているのではないということです。
生き生きと働けてこそ仕事であり、生き生きと働くあなたが家族の宝であるということなのです。

 

会社を退職して再就職しようとする場合はさらに影響が大きいものです。

再就職までの期間、収入が激変するわけですから、貯金残高の確認やパートナーの収入アップが必要になることも考えられます。

かくも影響が大きいのです。

このような状況にあっても転職すべきであるのだとパートナーに理解してもらう必要があるのです。
家庭の事情によってはそれは難しいかもしれない。
しかし、家族の協力を取り付けられないような転職活動では、企業に自分を売り込むことはおぼつかないでしょう。

パートナーとの話し合いは、まさに転職活動の第1段階と心得てほしいのです。

子供への影響

子供にも大きな影響があります。

子供が学生であれば教育費の問題はもとより、部活、転校、進学校の選択、塾通い、バイト、友達付き合いなど様々な問題があります。

子供自身が整理しなければいけないことも多々あるでしょう。

いきなり3ヶ月後に転校などということを言われても困る場合もあるのです。

子供が中学生以上の年齢であるならば、パートナーとの話し合いに参加させた方が良いかもしれません。

親への影響

同居の親にも伝えておかなければならないでしょう。

転居を伴うような転職の場合には、厄介な話し合いになる可能性もあります。

住む場所を変えるのは誰に取ってもストレスで、そのストレスは若い人には良い刺激になり得ますが、老人はそのストレスが原因で体調を崩すこともあります。

要は『引越して今までの生活ができなくなるのは真っ平御免じゃ』と反対することが考えられるわけで、この点は事前に見極めておく必要があるでしょう。

そのほか、かかりつけの病院、老人クラブ、ケアサービスなどをどうするのかといった大きな問題があります。

また事前に引越先の自治体の老人福祉サービスの内容は確認しておきたいところです。

今回のポイント

転職を考え始めたら家族になるべく早く相談しましょう。
特にパートナーへの相談は転職活動の第1段階であり、自分の状況、考えをしっかり整理し話し合いをすることが大切です。
家族を説得できないような動機レベルでは、転職活動は成功しないと心得ましょう。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サービス残業

今の会社で働き続けても給料のアップは見込めない。さっさと転職だ。

切符売り場

コンビニおにぎりを駅のホームで頬張る上司。こんなのイヤ!

熱気球で出発

転職は自分を生きるための大切な手段です。人の目など気にしている場合ではありません...

これからの時代、タクシー業界は転職先としてかなり面白い!

パワハラ

何でも自分の手柄にしたがる無節操な上司、付き合いきれない

タクシー業界では女性ドライバーが求められている