営業から営業への転職はツブシが効くのか

営業職とは

営業活動には大きく分けて5つのプロセスがあります。

アプローチ、ヒアリングで、そしてプレゼンテーション、更にクロージング、フォローがそのプロセスです。

どのプロセスも営業マンにとっては大切な仕事です。

すべてのプロセスにおいて、お客さんは営業マンと商品を常にセットで見ています。

お客さんの心に届くように営業プロセスを積み重ねることができれば、お客さんは商品に関心を持ってくれます。
そしてその商品にも好感を持ってくれるものなのです。

逆に営業の質が低ければ、お客さんはその商品に対しての評価までも下げてしまうこともあるのです。

営業職の強み

営業職の強みとは、それはずばりビジネス活動が存続する限り職業としてなくならないということなのです。

営業はお客さんとの接点、商品の出口、売り上げの起点となるところです。

そしてここではお客さんとの信頼関係、しいては人間関係がものを言う場所。
難しいけれども素敵でやりがいのある仕事だと思います。

そして、自分だけの顧客ネットワークを持っていれば、年齢に制限されずにそれで仕事を続けていくことができる、それが営業職というものなのです。

どれだけ幅広く、多くの顧客リストを抱えているかがポイントであり、営業職のパワーが決まると考えられるのです。

営業の転職はツブシが効くか

ある意味、営業職ほどツブシの効きやすい職業はありません。

営業職は大体どこの会社でも仕事の基本パターンは似たようなものです。

転職して新しい職場で仕事をスタートする時に、一番の課題になるのは誰に商品を紹介するかにあります。
顧客開拓からスタートするのでは大変です。

そこで今まで開拓してきた顧客リストが活きてくるのです。

もちろん、そう簡単には行きませんよ。

しかし、営業活動で一番苦しいのは売り先どころか、話の持って行き先も無いと言うことなのです。
顧客リストがあればその人たちに話をして買ってもらう方法もあるし、そこを糸口にして他の売り先にたどり着くこともありうるのです。

仕事の内容によって出会える人間は変わります。
時には会社の重役などの地位の高い人を相手にできることもあるでしょう。

グッと世界が広がります、これは営業の醍醐味と言えるのです。

こういった積み重ねが営業所としての経験であり、財産となるのです。

ですから、今までの経験と自分なりの顧客リストを活用して、転職して仕事をすることは可能なのです。

営業は比較的ツブシが効きやすい職種と言えるでしょう。

営業から営業への転職を繰り返しても、顧客リストと経験を活かして有利にスタートが切りやすい仕事なのです。

とにかく、お客さんを大切にすることですね。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キラリン会社員

30歳代は転職適齢期

ビジネスマン

年収アップだけを転職の絶対条件にしてはいけない

聞きたくたく

「売れないものを売るのが営業だ」と言ってニヤつく営業部長がうっとうしい

山を眺める男

40歳台以降はリストラを意識しよう!

今の会社の将来に不安、転職したい

パワハラ

辛いパワハラ。最後の反撃は会社を辞めるしかないのか?