30歳代以上の転職で求められる2つの条件

立ち話

会社組織の基本は個々の人間の技術力とチームプレーと言われています。

その組織にカネ、物、時間という資本を投入して価値を生み出すのです。

20歳代くらいまでの社員であれば技術力を持ったプレーヤーであれば十分ですが、30歳代くらいからはチームをまとめるマネージャーとしての役割も求められるようになります。

これは30歳代の転職で求められる条件でもあるのです。

30歳以上の転職で求められる2つの条件

30歳代以上の転職で求められる2つの条件とはズバリ、

  1. 他社でも通用する技術力
  2. チームをまとめるマネージメント力

一般的に年齢が上になるほどマネージメント力をより一層求められるようになります。

転職をすべきかの判断には、これら2つの条件をどれだけ持ち合わせているかの見極めが必要です。

冷静に自分の実力を見極めよう

他社でも通用する技術力とマネージメント力を自分は身につけているのか?

これを見極める方法は、自分が今の会社から認められて活躍できているかを見てみればある程度わかることです。

だから今の会社で活躍できないから転職するという『逃げの転職』は成功しないと言われているのです。

でもここでガッカリしてはいけません。

今の会社である程度認められるまで頑張って、改めて転職を考えれば良いとも言えるのです。

それこそが前向きな転職と言えるのではないでしょうか。

2つの条件が満たせていないと思うならば転職を見合わせる、その勇気を持つ

どうやら自分には転職する実力がないと気づいたなら、転職を見合わせる勇気を持つことが大切です。
自分の実力不足に気づくことができて、今の会社で踏ん張ろうと思えるのはすごいことだと思います。

どうしてもやりたい仕事があって転職をしたいというのであれば、数年をかけて2つの条件に合う自分に成長しましょう。

今回のポイント

30歳代以上の転職では、他社でも通用する技術力とマネージメント力が求められます。
今の自分では力不足と思うならば今の仕事を頑張って、転職に必要な力を身につけましょう。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パワハラ

街中で部下を大声で怒鳴り散らす上司。私はこんな上司について行って良いのだろうか?

切符売り場

コンビニおにぎりを駅のホームで頬張る上司。こんなのイヤ!

自由な時間を確保したい!エンジニアの在宅勤務

別のメイドさん

たまにはメイド喫茶で転職を計画するのもいい!

モヤモヤ

自分のキャリアに対して責任を持つ

山を眺める男

40歳台以降はリストラを意識しよう!