辛いパワハラ。最後の反撃は会社を辞めるしかないのか?

パワハラ

パワハラ上司とは仕事上の関係があるだけ、人間的なつながりはなかった

今から思うと高圧的な上司の元で仕事をしている最中は、マインドコントロールされていたのではないかと思うくらい反論ができずにいました。

 

一度こんなことがありました。

ある顧客を想定して新製品を投入するまでの約一年間に想定されるイベント、課題を『すべて』列挙してフローチャートにまとめよ。

という仕事を与えられたのです。

 

すべて…

すべて?

すべてです。

期限は明日までに。

 

こちらが意味を解し兼ねて考えるような顔をしていると不機嫌に怒鳴りだすような上司でした。

質問をする気になれませんでした。

「すべてとはどういう意味ですか?」

私はいつ怒りだすかわからないその上司を恐れていました。
それよりも、できるだけ上司に関わりたくないという気持ちの方が強かったのかもしれません。

途方にくれながらも仕事に取り掛かるしかありませんでした。

 

私は仕事上の予想される展開を示すチャートを作り始めました。

時計が夜の10時をまわる頃には、そのチャートは大きなディスプレイに収まりきらないほどの展開になっていました。

こんなものを作ってどうするのだろうか?

仕事上のすべての展開を予想することの意味はなんなのか?

でもやるしかない。
やるしかない?

 

私は完全にパワハラ上司の虜、奴隷になっていたようです。
精神的に。

こんな会社生活がこれから続くのだろうか?

 

その上司は完全に異常でした。
そのあまりの異常さが私を追い詰め、限界を超えたのだと思います。

私は逆に我に変えることができ、その上司を客観的に見るようになりました。

会社を辞める準備をしようと考え始めました。

パワハラから抜け出すためにはまずは自分がパワハラを受けているのだと気づくことが大切

強圧的な上司であっても、こいつの言っていることは異常だと気づくことができればなんらかの対処をすることができるものです。

最も怖いのは、上司が圧力をかけてくる理由は『自分がダメだからなのだ』と思い込んでしまうことなのです。

人はできることをするしかありません。

部下に処理できることなのか、処理できないことなのかを考えもせず、ただ強圧で押し付けるような上司は、一言で言ってしまえば『無能』なのです。

そのような無能な上司に付いて行ってもいいことはありません。

まずは部署を変えることを検討しましょう。
それがダメなら転職を考えましょう。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職による変化を恐れるか、楽しめるか

長く続く線路

人生は1つだけ、会社はいくつでも!

パワハラ

上司が正しくて部下は間違っていると固く信じているバカ上司

中年管理職

縁故による転職ではより細心の事前調査が必要

転職に有利な資格にはどんなものがあるか?

同業他社への転職は絶対にダメなのか?