転職エージェントとハローワークを使ってみて分かった違い

みんなでガッツポーズ

私が転職活動をした時は転職エージェントとハローワークを併用しましました。

その時の経験で使い勝手に関する両者の違いを明確に感じましたので、重要と思われるものを紹介していきます。

転職候補会社の見つけ方

ハローワークと転職エージェントの仕組みを知れば当然わかることなのですが、かなり本質的な内容なのであえてご紹介します。

ハローワーク側から会社を紹介されることはない

ハローワークで転職候補の会社を見つけるための最初の作業は、転職希望者自身が自分で求人情報にアクセスして、良さそうな会社を見つけ出すという行為なのです。

基本的には求人情報誌を買うなり、貰ってきて、その情報誌から職を見つけ出すという作業と本質的には差がありません。

相談員と相談している最中に、こんな会社もあるよという感じで紹介されることもあるようですが、それは相談員がたまたまその情報を小耳に挟んで、記憶している会社を紹介しているのであって、情報の質が格段に高まっているというわけではないでしょう。

 

結局、転職希望者が触れることのできる求人情報は、その転職希望者の検索能力に大きく依存すると言えます。

ここで言いたいのは、自分で適切と考えられる求人情報を取りに行くしか方法がないということなのです。

転職エージェントは積極的に求人情報を提示してくる

転職エージェンもオリジナルの求人情報のデータベースを持っています。

転職エージェントに登録すればそれらの情報を閲覧することが可能です。

それらの求人情報は採用担当者から情報を得ているものもあり、詳細を聞くことが可能です。

 

また場合によっては、転職エージェンの担当者から未公開求人情報を紹介されることがあります。

それはあなたの経歴や実力を見越して、採用可能性がありと判断された場合です。

転職エージェント側から情報提供がなされるということが、ハローワークと大きく異なる部分です。

手順の違い

転職エージェントとハローワークでは職を紹介されるまでの手順が大きく異なります。

ハローワークで職業紹介を受けるまでの手順

  1. 求職者登録をする
    まずは求職者登録をします。
    受付で職安求職申込書を受け取り、内容を記載します。
    大きくは次の6項目を記載していくことになります。
    ・職安からの連絡方法の選択
    ・氏名、生年月日、住所などの個人情報
    ・希望職種、希望収入、仕事に関して
    ・学歴に関して
    ・免許、資格に関して
    ・過去の仕事、経歴に関して
  2. ハローワークの受付ブースでパソコン番号札を受け取る
  3. 専用のPCで求人検索をする
    番号札のPCで求人検索をします。
    地域、業種、職種などを入力して検索すると、それに見合った求人がヒットします。
    気になる求人が見つかったら、画面上の印刷ボタンを押してプリントアウトします。
  4. 相談員に相談する
    印刷した求人紙を受付に提出し、相談員(カウンセラー)と相談をします。
    求人企業の内情、仕事の適正、応募の段取りなどについて話を進めますが、相談員は手元資料に記載された内容以上のことは知らないと思った方が良いでしょう。
    求人企業の求人担当者に直接話を聞いていることはまずありません。
    求職者の疑問点に関して答えられない場合は、その場で電話で確認することはしてくれます。
  5. 紹介状を受け取る
    応募することになったら紹介状を受け取ります。
    紹介状は求職企業に渡す必要がありますので、無くさないようにしましょう。

転職エージェントで職業紹介を受けるまでの手順

  1. 利用者登録をする
    通常はネットで登録を済ますことができます。
    この段階は基本的には仮登録と考えましょう。
  2. キャリアアドバイザーと面談をする
    ネット登録をして数日すると、転職エージェントから面談に関する連絡がきます。
    指定日に面談をし、本登録。
  3. 担当キャリアアドバイザーと面談をする
  4. 転職活動に必要な書類を作成する
  5. 求人会社の紹介を受ける

求人企業情報のレベルの違い

ハローワークの職員が求人企業に出向いて情報を収集するということはまずないでしょう。

その点、転職エージェントは営業マンが求人企業の担当者に直接ヒアリングするのが基本のようです。(100%ヒアリングしているかは不明ですが。)

 

ハローワークの相談員と転職エージェントのキャリアアドバイザーの一番の違いは、求人企業の内部情報をどこまで掴んでいるかにあるでしょう。

 

転職エージェントの情報の方がはるかに上質であると体験的に私は感じました。

 

以前私がお世話になったキャリアアドバイザーは、求人企業の求める人物像、職場の雰囲気、最近の求人状況などを確認して教えてくれました。

 

求人企業との付き合いが長い営業マンであればあるほど、求人担当者から濃い情報が得られます。

その点、ハローワークはまったく敵わないでしょう。

こちらもご覧になってください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職エージェントを使うデメリットとして知っておきたいこと

転職エージェントと上手に付き合うために実行すべき3つのこと

面接

転職のための書類選考を通過したら面接は必ず受けなければダメなの?

楽しい選択

転職エージェントとハローワークの相違点と賢い使い分け方法を徹底紹介!

転職エージェントに紹介された会社からもらった内定、どのように辞退すれば良いの?

考え込むビジネスマン

転職エージェントの担当コンサルタントへの不信感が拭えない…