転職用の書類作成、面接の時の「御社」、「貴社」の使い分け

転職活動に使う書類、面接などでは相手先企業を敬称で呼ぶ場合に

『御社』

『貴社』

という2つの呼び方がよく使われます。

 

どちらを使えばいいのか迷う場合もあるでしょう。

いざという時にまごつかないようにするためにどのように使えば良いのかを理解しておきましょう。

『御社』は話し言葉、『貴社』は書き言葉

基本的には『御社』は話し言葉、『貴社』は書き言葉と考えておけば良いでしょう。
どちらかがより丁寧といった差はありません。

 

実は『貴社』は書き言葉に適しているというよりは、話し言葉に適していない単語なのです。

同音異義語が結構たくさんあって紛らわしい言葉なのです。

貴社、記者、汽車、帰社、喜捨

ですから、会話で『貴社』という言葉を使うと誤解を招きやすいと言えます。

 

よって使うのであれば、書き言葉として使うことをお勧めします。

『御社』は話し言葉、書き言葉のどちらで使っても大きな問題はありません。

『御社』、『貴社』のオススメの使い方

話す時には『御社』を使い、書類などの文章では『貴社』を使い分けるというのはありです。

ただその場合、1つの文章で2つの言葉が混じり合ってしまうようなことは避けなければいけません。

 

わたしのオススメは、話す時も、文章を書く時も『御社』に統一してしまうことです

1つの文章で言葉を統一させるとか、話し言葉で『貴社』を使わないようにするとか、そんなところにエネルギーを使うのは如何なものかと思います。

その他の敬称の例

転職で使いそうな敬称の例を挙げておきましょう。

 

銀行:貴行

学校:御校、貴校

大学:貴学

商店:貴店

〇〇省:貴省

〇〇庁:貴庁

〇〇署:貴所

 

この辺りの敬称は覚えておいた方が良いでしょう。

今回のポイント

『御社』『貴社』に意味の差はない。

ただし、『貴社』は同音異義語が多いので話し言葉としては使わない。

オススメは、話し言葉でも書き言葉でも使える『御社』に統一して使ってしまうことです。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

円満退社のポイント、退職願の書き方

ネット情報と五感をフル活用した志望動機書の書き方

疑問

転職での重要書類、職務経歴書に何を書けば良いのか分からない

殿様

転職用の文書、宛名書きでの『殿』『様』の使い分け

疑念

内定後も油断は禁物。雇用条件をしっかり確認しよう!

若いビジネスマン

上司に退職の意思を伝えたら絶対に後戻りをしてはいけない!