派遣の経験しかないと正社員への転職は難しいのか?

派遣社員としての経験しかないと正社員への転職が難しくなるのではないかと心配する人がいるようです。

しかしその心配は無用です。

正社員と派遣社員の違いをしっかり認識し、正社員のメリットを受けるためにはどのような姿勢でいるべきなのかを分かっていれば何も問題はありません。

面接などで直接的に正社員の心得みたいなことを聞かれることはまずないでしょうが、それをしっかりと認識していれば自ずと受け答えは自然なものになってきます。

正社員と派遣社員の違い

正社員と派遣社員の違いは労使契約上の『雇用主』と、正社員の『権利』と『義務』にあるのです。

派遣社員の雇用主は派遣会社、正社員の雇用主は働いている会社そのものということになります。

派遣社員は、派遣会社と派遣先会社の間で取り決められた仕事のみをするのが基本です。

それに対して、正社員は働いている会社の求めに応じて、職務内容を変更したり、異動、出向などをすることがありうるわけです。

派遣社員は1つの契約が終了すれば、別の契約を受ける。
実はこれは1つの会社で異動したり、出向したりするのと形的には大きな差はないでしょう。

では契約社員と正社員の決定的な違いというものはどこにあるのでしょうか?

求職者が心得ておくべき違いは何なのか?

それは、新しい仕事を提示された時に、正社員には選択の余地がほとんど無いということなのです。

もちろん会社により、上司により圧力の大小に違いこそあれ、正社員になったら会社から命令される仕事は『基本的には断れない』と考えておかなければいけません。

その代わりに安定した給料や、終身雇用が保証されていると考えておくべきなのです。

派遣社員の経験が長いからと言って正社員への転職が不利になることはない

このあたりの事情が飲み込めていれば、派遣社員の経験が長いからと言って、正社員への転職が不利になることはありません。

だから面接ではこのあたりの理解度を確かめるような質問が出てくることが考えられます。

・海外の生産現場に出向する可能性がありますが、問題はありますか?
・今回は経理関係の求人をしていますが、営業なども可能でしょうか?

内容によっては正直に答える必要があるものの、柔軟性を持って会社の求めに応じられる姿勢を示しておく必要があるでしょう

今回のポイント

派遣社員は契約内容が意に沿わなければ契約しないという選択も可能です。

しかし正社員は、基本的に頼まれた仕事、職場異動、出向などは特別な理由がなければ断ることができません。

このあたりの事情を理解できていれば、派遣社員の経験が長いからと言って正社員への転職が難しくなることはありません。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

キラリン会社員

30歳代は転職適齢期

過酷な労働

転職したい、でも自信がない。そんなあなたが実行すべき1つのこと

業務外業務

自分の仕事に後輩を巻き込もうとするお節介な先輩社員

就職して3年、将来のことを考えると正社員になりたい

頑張ろう

転職では年齢よりも実力が重要という当たり前の話

大阪の繁華街

家の都合で大阪に引っ越しを決定、でも今まで通りエンジニアは続けたい!