転職エージェントの担当コンサルタントへの不信感が拭えない…

考え込むビジネスマン

今日は転職エージェントと契約してあてがわれた担当コンサルタントが今ひとつピンとこない、不信感を感じてしまう場合について話をしましょう。

 

転職エージェントと契約を結んで真っ先に行われるのが説明会です。

集団で行われたり個別で行われたりします。

 

説明される内容は、オフィスの使い方、書類の書き方など色々ありますが、最大のポイントは求職者にスケジュール感を持たせることにあります。

転職エージェントとしては、なるべく早く転職を決めてほしいからです。

 

説明会の後、いよいよ担当コンサルタントとのご対面となります。

第一印象はとても大切です。

(場合によっては担当コンサルタントが諸々の説明をしてくれることもあります。)

担当コンサルタントが真っ先にやること

担当コンサルタントはあなたの基本情報をすでに把握しています。

現会社名、仕事内容、年齢など、あなたが登録の時に記載した基本情報です。

 

担当コンサルタントが真っ先にあなたに依頼するのは、履歴書と職務経歴書を書くことです。

 

丁寧に指導してくれます。

どこに転職するにしても必要なものですから。

 

最初の二週間程度は書類の作成、添削に使われます。

そして転職活動の基本書類が出来上がるわけです。

 

しかし、これらの書類を真っ先に必要とするのは、じつは担当コンサルタントなのです。

 

あなたを理解するための最重要書類。

 

作成作業中にあなたの理解力、会話力、文章作成能力、PC能力、そして人柄といったものまで見ているのです。

担当コンサルタントとの相性

オッケーある意味、これは怖いことでもあります。

 

あなたという人間が目の前にいる一人の担当者の理解力と感性で判断されて、求人企業とのマッチングが行われてしまうからです。

 

もしあなたが担当コンサルタントに良い印象を持っていなかったら、それどころか不信感を持っているとしたら、どうなるでしょう?

多くの場合、相手もあなたに良い印象を持っていない可能性が高いのです。

心理学では感情伝播といいます。

 

そのような状態で二人三脚の転職活動を進めるのはとても苦しいですし、非常に危険なことです。

コンサルタントに最低限求められる1つのこと

コンサルタントといえども人間だから、感情の起伏や、好き嫌いがあるのは仕方のないことですね。

しかし転職コンサルタントのプロとして最低限求められるのは、求職者を勇気付けることだと私は考えています。

 

この人と一緒に戦いたいと思わせてこそプロなのです。

 

求職者が暗い気持ちになってしまうようでは、決まる転職も決まらなくなるでしょう。

 

その一方で、求職者側も転職エージェントの利益構造と立場を理解することが大切です。

それを理解しあった上で、一緒に戦ってほしいのです。

堂々たる姿勢
今日は転職エージェントをしっかりと活用してあなたの転職を成功させる方法を伝授しましょう。 そのためにはまず転職エージェントの収益をあげる仕...

担当コンサルタントへの不信感が拭えない

そこまで理解していても担当コンサルタントへの不信感が拭えないということがあるでしょう。

 

そんな不満や不信を相手にぶつけてみてもほとんどの場合不毛なことです。

そんな時のために、複数の転職エージェントに登録をしておいてほしいのです。

自分に合う担当者を探そう 自分が探そうとしている職業分野がはっきりしているならば、それにふさわしい転職エージェントを選択することはもちろん大切...

たくさんの意見を求める

複数の転職エージェントに登録すれば、同じ数の担当者に話を聞くことができます。
あなたへの評価も複数になります。

 

絶対とは言えないまでも、相性の良い担当コンサルタントに当たることもありうることです。

しかし、複数の転職エージェントといっても掛け持ちでは2、3社がいいところでしょう。

 

打ち合わせは週に一回程度持たれることが多い。

エージェントが多すぎては打ち合わせすらこなせなくなってしまう可能性があります。

 

あまりにひどい担当者であれば交代を申し出る、もしくはその転職エージェントとの契約は打ち切って、新しいところと契約をし直すことも考えましょう。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

面接

転職のための書類選考を通過したら面接は必ず受けなければダメなの?

転職エージェントに登録拒否されそうな時の対処方法とは

エージェント

転職エージェントを使うメリットを知っているのと知らないのでは大違い!

ミドルエイジのビジネスマン

転職エージェントから自分の会社に情報漏洩するのが心配…

楽しい選択

転職エージェントとハローワークの相違点と賢い使い分け方法を徹底紹介!

転職エージェントの非公開求人情報は本当にありがたいのか?