じつは97%の就労者が転職を考えている!その理由は?

みんな転職を考えている

周りの上司、同僚は不満もなくバリバリ仕事をしているように見える中、自分だけ不満を抱えて悶々としていると感じることはないでしょうか?

はっきり言います、それは勘違いです。

じつは多くの人はいつも頭の中で、『転職』の2文字を点滅させているのです。

(出典 en ミドルの転職 ユーザーアンケート集計結果 アンケート実施期間2011年7月28日~ 2011年8月24日、有効回答数625名)

 

このアンケートからわかるのは、全体の80%近くの人が転職を「真剣に考えている」、転職を漠然と考えているまで含めると実に97%の人が転職を考えていることになるのです。

 

転職したくて悶々としているのはあなただけではありません。
というよりは、ほとんどの人が転職予備軍なのです。

 

また、20歳代の若者たちの転職願望が強く出ているのも注目しなければいけないところでしょう。

転職を考え始める理由

この転職を考え始めるキッカケを問うアンケートでも興味深い結果が出ています。


(出典 en ミドルの転職 ユーザーアンケート集計結果 アンケート実施期間2011年7月28日~ 2011年8月24日、有効回答数625名)

 

転職を考え始めるキッカケの選択肢の中には、
不本意な評価、不本意な異動、人間関係の悪化、経済的な理由などがあるが、年齢を問わず上位を占めるのが以下の4項目です。

  1. 長時間勤務
  2. 会社の業績悪化に伴う事業の解散・縮小
  3. 自分の希望する仕事ができなくなった
  4. 会社方針・事業方針の転換

転職を考え始める理由の上位は二種類に分類される

上にあげた上位4つの理由は二種類に分類されます。

1つは
心身への負担増

もう1つは
仕事の変化縮小(自分がしたい仕事と違ってきた、違っていた)

実はこの2つの理由は強く関連しあっています。

 

嬉々として取り組めるような仕事であれば、限度はあるものの労働時間が多少長くてもこなしていけるものです。

仕事が興味を持てないものに変化してしまったと感じる場合、したくもない仕事をしていると感じる場合、長時間労働が心身にこたえてくるものなのです。

転職を考え始める2つの大きな理由は、転職の直接的なきっかけにはならない

心身への負担増、仕事の変化縮小はボディブローのように効いてくるものです。

日本人は真面目な人が多いから、多少仕事に不満があってもしっかり仕事はこなすことが当然だと思っているものです。

つまらないと思っている仕事が、長い時間をかけて不満や、不安になって体に溜まってきてしまうのです。

そしてちょっとした『キッカケ』で爆発してしまう。
そう、仕事を辞めよう、転職しようと決断するのです。

次回は、その『キッカケ』について考えてみよう。

もう限界!
前回は、就労者が転職を考え始める理由について話をしました。 http://tensyoku-wars.com/everyone-wants...

今回のポイント

ほとんどの就労者が転職をかなり真剣に考えています。
転職を考え始める理由は様々ですが、年齢を問わず理由として、

心身への負担増
仕事の変化縮小

が共通項目としてあげられます。

そしてそれらの理由により不満が蓄積され、ちょっとしたことがキッカケになって転職へとひた走ることになるのです。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

午後の空

1つの会社でスキルアップを目指す人がはまる落し穴

パワハラ

嫌いな上司には一歩引いた姿勢で臨み、攻撃的で大嫌いな上司には…

切符売り場

コンビニおにぎりを駅のホームで頬張る上司。こんなのイヤ!

パワハラ

部下を『下々の者』という上司。お前は麻生太郎か? この上司の思考回路は…

パワハラ

絶対正しい、そんなの常識を連発!部下に有無を言わせない強圧的上司

眺望

転職を成功させる秘訣は実は〇〇力だった!