知っておきたいパワハラ事例と上司への復讐方法

それだ!

パワハラの具体的事例

有無を言わさないような上司を持つとその対処に困るものです。

理不尽な指示命令に対して、ただ付き従うのか、いっそのこと会社を辞めてしまうのか、どちらを選択すべきかで悩まれる人も少なくないでしょう。

 

ここでは、不幸にしてそのような上司の下で働くすべての人に

『パワハラ上司との戦い方、対処方法』

を伝授してまいります。

 

まず初めに一言だけ認識していただきたい大事なことは、

パワハラ上司との戦いは一対一で戦わない

ということです。

では徐々に細かく説明します。

パワハラとは何か?

お前だ!嫌がらせというのは人間関係の問題ですから、何を持って嫌がらせとするかということを明文化するのは少々困難なことです。

 

過去には実にたくさんのパワハラ裁判が起こされていて判決が下されています。

判例に関しては厚生労働省の明るい職場応援団の中に裁判事例がアップされていますので参考にしてみてください。

厚生労働省 明るい職場応援団 裁判例

 

明るい職場応援団では裁判例などをもとにパワハラの6類型をあげています。

ここでも改めて取り上げますので、あなたの事例と比較しながら考えてみてください。

パワハラ6類型

  1. 身体的な攻撃
    殴る、蹴る、ものを投げつけるなどの暴行を受ける。

    今時こんなことをする人間がいるのかと思われるかもしれませんが、少数とはいえ確実にこのような暴力に訴える人がいます。

    このような行為は、裁判沙汰になった時には分かりやすい証拠になってくれます。

  2. 精神的な攻撃
    喚く、怒鳴るなどを伴った叱責。

    メールなどでの罵倒。
     

  3. 人間関係からの切り離し
    いわゆる仲間外れで、一人だけ席が離れていたり、グループの飲み会に誘わないなどがこれにあたります。
  4. 過大な要求
    仕事を覚えきれていない新人に過大な仕事をさせたり、終わりの見えない仕事をさせるなどがあります。
    私にも経験があります。

    「プロジェクトの時系列フーチャート作れ、あらゆる場面を想定して入れ込んでおけよ。」
    と上司から指示されました。

    その部署に移って間もない私は、あらゆる場面て何?と思いましたが、疑問を挟むことをすれば怒鳴られそうだったので、結局夜中まで資料を作り続けました。

    頭が飽和してしまうような仕事でした。

    結局何日もダメ出しを出され、私の頭は完全に機能停止してしまいました。

    今思い出しても問題の多い上司だったと思います。

     

  5. 過小な要求
    部下の能力や人間性を無視した過小な業務ばかりを命じる。

    営業職なのに草むしりやお茶汲みばかりを命じられるような場合を指します。
     

  6. 個の侵害
    いわゆるプライベートの侵害。

    家族の悪口を言う、交際関係を執拗に尋ねるなどです。

これらで全てのパワハラを網羅できているわけではないでしょうが、非常に典型的な例であり、裁判でも取り上げられている事例です。

パワハラ上司への復讐方法

自分の上司の行動がパワハラの事例に当てはまりそうだと判断されても、それをそのまま当の上司に訴えて改善を図るのは難しいものです。

かと言って何もしなければ事態は改善しません。

 

この認識がパワハラに対処する上で最も大切なことなのです。

 

いわゆるパワハラ上司などと言うものは、自分が違法行為をしていることが分かっていないものです。

 

権力をカサにきて好き放題をする上司に、部下であるあなたが一人で立ち向かおうとするのは、あなた自身を逆に危険に晒してしまう可能性があります。

無視されるか、場合によってはさらにひどい仕打ちを受けてしまうことを想定しなければいけません。


パワハラ上司と戦う時の大原則

『一人で戦ってはいけない。』

彼らは権力や立場をカサにきてかかってきますので、あなたは味方を探しましょう。

  1. 組合や会社を味方につける
    会社に労働組合があればそこに相談を持ち込みましょう。

    場合によっては人事部に話をする方法もあります。

    そのような組織を味方につけるのです。

    証拠を準備して提示しましょう。

    会議の録音、同僚の証言、勤務時間の記録などできる限りの証拠を残しておきましょう。

  2. 弁護士に相談する
    労働組合がない、会社が相手にしてくれない場合は弁護士に相談という方法があります。

    相談だけであれば無料で対応してくれる弁護士もいます。
     

  3. 裁判を起こす
    場合によっては裁判という方法もあります。

 

パワハラ上司に復讐するには労力も時間もかかります。

しかし自分を守るために味方を探す行動は起こしましょう。

しかしあなたが上司への復讐などは時間の無駄、もしくは今の会社に未練がないのであれば、さっさと転職してしまうことをオススメします。

http://tensyoku-wars.com/recommended-changeing-job-agent/

あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

岐路

プロジェクト失敗、上司の猛烈批判、交通事故死という52歳先輩の話

ネクタイを直すビジネスマン

会議がある日は会社を辞めたくなります。

お前だ!

あなたの上司も会社を辞めたがっている!