30歳代は転職適齢期

キラリン会社員

今の時代、転職は全く珍しいことではありません。
いつ転職してもおかしくない状況にすべての会社人が置かれているのです。

なんの心の準備もなく、経験もなく、いきなり転職に追い込まれる事態はできれば避けたいものです。

40歳代、50歳代になって初めて転職を経験するというのは、相当なストレスであると覚悟しなければなりません。

であれば、あえて若いうちに『転職を経験しておく』ということを考えておいても良いのではないでしょうか。

このような先を見越した積極的な転職には3つのメリットがあります。

  1. 仕事人生の棚卸ができる
  2. 転職経験の免疫ができる
  3. 自分を活かそうとする積極的な姿勢を持てる

そして、あえて転職を経験しておこうとするならば、30歳代というのが最も転職に適した時期なのです。

会社人生に喝を入れる良い機会になるでしょう。

転職は仕事人生の棚卸

転職は今までのキャリアを棚卸して、自分のやりたこと、自分のやれることを考える非常に有意義な機会になりうるのです。

今の会社で仕事をすることができるから、惰性でその仕事を続けるというのでは、どうしても会社生活での『垢』がたまりやすい。
自分の仕事を反省して、改善するということが疎かになるからです。

気がつけば、社外に通用するキャリアを積むこともなく、転職という選択ができない不自由な会社人間になってしまう危険性が潜んでいるのです。

そのことに気がついてからでは多くの場合、手遅れです。

転職はある意味、自分の人生をオーバーホールすることであり、その作業には一種の痛みを伴います。
見たくもない自分を見つめて、修正を迫られることもあるでしょう。
しかしそれにより自分の仕事人生を再活性化させることができるのです。

そんな素晴らしい機会なのだと認識して、積極的に取り組んでみることを強くオススメします。

30歳代は転職の最適な時期

30歳代といえば実務経験が10年前後あり、役職がついてくる年齢でもあります。

スキルがこなれてきて、部下や後輩を指導できる立場にもなっています。

また、転職にはストレスがつきもので、ある程度の体力と精神力が必要です。
そんな体力、精神力を10便に備えているのがこの時期なのです。

ですから30歳代と言うのは、初めての転職を乗り越えるには非常に適した年齢と言えるのです。

転職を30歳代で経験しておくことの大切さ

転職は人生のオーバーホールだと言う話をしました。
多少の痛みを伴うがオーバーホールをして、仕事人生を再出発できる貴重な機会なのです。

しかし40歳代、50歳代で初めての転職を経験するのは結構きついものがあります。

いつ転職する状況に追い込まれるのかわからないこの時代では、あえて転職しやすい30歳代に転職経験を積んでおいて、その後の転職への免疫を持とうとするのは悪いことではありません。

転職経験が一回でもあれば比較的冷静にピンチに対処ができるようになります。

今回のポイント

転職に適した30歳代に転職経験を積んでおくことは、仕事人生をオーバーホールして活力を復活させるということと、その後の転職への耐性を持たせるという、2つの大きな意味があるのです。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お多福

定期的なキャリアの棚卸しをしないのは、鏡を使わずに化粧をするようなもの

家族団欒

転職は生計を共にする家族の問題

跳躍

派遣社員としての経歴はキャリアにならないのか?

立ち話

30歳代以上の転職で求められる2つの条件

やったー

20歳代、3年以内の転職はしないのが正解

パワハラ

何でも自分の手柄にしたがる無節操な上司、付き合いきれない