面接までに心に刻んでおきたい『退職理由』の大原則

疑念

転職の面接の時に面接官から転職理由を間違いなく聞かれます。

その時の回答は二種類のパターンがあります。

 

  1. この会社でこんな仕事がしたいという純粋にポジティブな回答
  2. 今の会社に不満があって、そこから逃れたいというネガティブな理由をベースにした回答

 

1の回答を持っている人は基本的にその内容を面接官に述べればよいでしょう。

しかし、問題は2番目の回答の場合です。

 

転職者の心の中にある転職理由の多くは実はネガティブなものが多いのは事実です。

そこから逃れたくて転職を考えているというのが、多くの転職希望者の正直な気持ちなのかもしれません。

 

しかし面接で転職理由を聞かれた時に、そのネガティブな理由をそのまま述べてしまっては、面接官はあなたが正直な人だという印象を持つかもしれませんが、強烈にマイナス印象を与えてしまうのもまた当然のことです。

 

場合によっては、再び同じ理由で辞めてしまうのではないかと懸念を抱かせるかもしれません。

だからと言って、自分が抱えている転職理由を無理やりポジティブに解釈して、にわか仕立ての立派な転職理由を述べるのは、嘘をついているようで気持ち的に苦しいかもしれません。

 

特に面接では、心の中の消化仕切れていない思いと無理ポジの言葉とのギャップが、表情や雰囲気に出てきてしまうものです。

 

人が会社を辞めたいと考え始める背景には大体以下のようなものがあります。

  • 低い給料
  • きつい人間関係
  • 家族の病気
  • 残業の多さ
  • 仕事そのものへの不満
  • 突然の転勤など

 

ここで知っておいていただきたいのは、これらの転職理由は、実はネガティブにもポジティブにも捉えることが可能だということなのです。

 

面接官もはじめから知っているものです。

多くの人はネガティブな理由で転職を考え始めていることを。

 

しかしそれでも面接官が敢えて転職理由を聞くのは、転職者がネガティブな出来事をポジティブに解釈できるまでに心の整理ができているかどうかを確認するためなのです。

 

この転職者が、苦しい状況にあっても前向きに考えられる人間であり、会社に貢献できる人間であることを確認しようとしているわけです。

ヤケを起こす

しかし面接対策でありがちなのは、言葉だけを整えようとすることなのです。

 

とりあえず言葉だけを変えて面接をしのごうとするのはオススメしません。

 

未消化なネガティブ感情は表に出てしまうと考えた方が良いでしょう。

 

面接は書類だけでは捉えきれない雰囲気を感じ取るための場でもあるのです。

わたしが言いたいのは、せっかくの転職の機会を得たのだから、ネガティブな感情、ネガティブな考え方を整理して成長する機会にしてしまえば良いのではないかということなのです。

 

そんな心の整理をしっかり行って、退職理由を言葉にまとめていけば、面接官に気持ちよく説明ができるというものです。

ネガティブな理由をポジティブに変換する

見つめる今まで自分の中でネガティブに捉えていた転職理由もポジティブなものに変換することができます。

同じ出来事であってもネガティブに捉えることをやめて、ポジティブに捉える心の整理をしましょう。

 

そのポジティブな解釈を退職理由として面接で述べれば良いのです。

 

それは嘘をつくことではありません。

ネガティブを乗り越えて成長した自分がたどり着いたポジティブな今を披露しているということなのです。

 

 

いくつか例をあげます。

  • 仕事量が多く、サービス残業に悩んでいるような場合。
    効率よく仕事を処理する工夫をし、業務時間を30%もカットすることができました。
    しかし、効率が上がった分、業務を増やされるような状況であるため、モチベーションを維持するのが難しいと判断しました。
    今の仕事は好きなので、同様の仕事ができる会社に転職したいと希望しています。
  • 低賃金で苦しんでいた場合。
    誰でもできる仕事ですので低賃金は仕方のないことだと思います。
    私としては少しでもスキルを上げるためいくつかの資格を取りました。
    そのスキルを活かせる転職を希望しています。
  • きつい人間関係で苦しんでいた場合。
    今の職場では人間関係に悩んでいます。
    この点に関しては上司に何度か相談をしました。
    その結果、会社の価値観と自分の価値観がかなり食い違っていることがわかり、結局転職すべきであると判断をしました。
    自分の力を十分に活かせるような新天地を求めて転職することを決断しました。

 

ここでのポイントは、現職での苦境を乗り越えるために自分なりに努力をし、その結果として転職がベストな選択であることを表現できるかにかかっています。

今回のポイント

多くの場合、退社理由はネガティブなもの。

面接官もそれを承知の上で、退職理由を聞いてきます。

ネガティブな退職理由をポジティブに解釈して言葉を整えることはもちろん大切。

ポイントは現職での苦境を乗り越えるために自分なりに努力をし、その結果として転職を選択したことを表現できるかにかかっているのです。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

面接に最も必要なのは、結局はコミュニケーション能力

面接

転職の面接、緊張感を和らげる具体的な方法を紹介します!

ビジネスグループ

面接で求人企業を知るポイントを教えます!

困った

大切な面接なのに、うまい転職理由が思い浮かばない!

オッケー

面接での紋切り型の逆質問は逆効果!?

書類選考は通過できても、毎回面接で落とされてツライ…