転職回数が多いのは転職活動には不利か?

階段を登る

昔に比べて転職がだいぶ普通のことになってきました。

このような時代だから、単純に転職回数の多さが転職活動に影響を与えるということは少なくなってきてはいます。

しかし、そうは言っても転職回数には常識的な限度というものがあります。

一般的な転職回数の上限

転職が普通になってきたとは言っても転職をあまりに頻繁に繰り返すのは信用が失われてしまいます。

海外でもポンポンと転職を繰り返す人たちがいて、ジョブホッパーと呼ばれています。

何か嫌なこと、不都合なことがあるとどんどんと職を換えてしまうわけですが、まさに求人企業はそのことを懸念するわけです。

一般的な転職回数の上限は以下の通りです。
感覚的なものですが、参考にしてください。

年齢ごとの転職のべ回数(上限値)
20歳代   1回
30歳代   3回
40歳代   4回
50歳代   5回

この数字を超えてくると転職活動での印象が悪くなりかねないと考えておきましょう。

転職回数の多さをプラスに転化させるロジック

理想を言えば、若い20歳代のうちに自分の生涯のキャリアを設計して、それに沿って転職をし、結果的に目的のキャリアアップを実現していくのが望ましいでしょう。

しかし多くの人はそこまで考えてはいないし、そもそも計画通りに転職ができるというものではありません。

色々な事情の結果として今の職歴があるのであれば、その転職経験をプラスの方向に利用するためには発想の転換をしてみましょう。

もうすでに相当な回数の転職を経験していたとしても、転職の多さを苦にするのをまずやめてください。

過去の経歴を変えることはできません。
それらの経歴、キャリアを認めて、それらを最大限に活かせる転職先を見つけ出すことができれば良いわけです。

理由の後付けのように思う人もいるかもしれません。

しかし、

「今までの経験を活かすことによって御社に大きな貢献ができる」

と言いきれば、転職回数が多少多めだったとしても、それらの経験をプラスに転化できた言えるでしょう。

例えば
転職エージェントのキャリアアドバイザー
ハローワークの職員
転職関係の雑誌社の編集員
など

転職回数の多さを逆手にとるような職業を見つけ出して狙ってみることも考えてみましょう。

今回のポイント

過去の転職によるキャリアを最大限に活かせるような転職先を見つけましょう。
「今までの経験を活かすことによって御社に大きな貢献ができる」と言い切ることができれば、転職回数が多少多くてもその経験をプラスに転化できたと言えるのです。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

やったー

20歳代、3年以内の転職はしないのが正解

社会人3年目が最初の転職好機

叫び

会社のためにあなたは死んでいくの?

腕組みするメンバー

転職の真の成功とは

転職への不安を取り除くためのたった1つの方法

人生を描く

不安で転職を選択できないあなたへ。苦境の継続か、人生の一新に挑戦するか?