正社員、契約社員、派遣社員、それぞれの考え方、メリットの活かし方

ここでは労働契約の違いを理解して、そのメリットをどのように活かしていけば良いのかを話していきましょう。

正社員、契約社員、派遣社員のメリット表

この表は1つの企業内での雇用契約ごとの一般的な特徴をまとめたものです。

年給や福利厚生などにも雇用契約ごとの平均的な特徴はあるものの企業によって大きな差があり、1つの表に簡単にまとめてしまうのは誤解を招く怖れがあります。

そもそも正社員の位置付けが曖昧になってきているので、社員契約ごとの明確な特徴を上げづらいのですが、一般的な特徴としてまだ残っているものをここでは記載しました。

赤丸で囲った部分が雇用契約ごとのメリットと考えられる部分です。

正社員のメリット

無期限契約、定年までの職の保証、この一点が正社員のメリットです。

給料は会社によって差が大きく、契約社員に比較して若干高いレベルというのが現状です。

「なんちゃって正社員」という言葉がありますが、本来なら正社員のメリットと考えられていた昇給、高給が封印されてしまっている正社員は少なくありません。

だから正社員のメリットとはっきり言えるのは、この「職の安定性」のみであるというのが現状でしょう。

安定志向の強い人はやはり正社員が望ましいと考えられます。

転職の際に頭に入れておいてほしいのは、長期に労働力を確保したいという意図で正社員を望む企業側の意図を考えると、転職して正社員を目指す場合には若ければ若いほど有利ということ。

いつかは正社員、などとぼんやり考えているのは時間の無駄で、その考えている時間が惜しい。

正社員を考えているなら、どんどん行動を起こして少しでも若いうちに正社員契約を結ぶ事を考えるのが正しいでしょう。

契約社員のメリット

3つの契約の中ではあまり特徴のない契約形態と言えそうです。
この特徴の無さがメリットと捉えている人もいるかもしれません。

派遣社員のメリット、その活かし方

派遣社員は比較的時間的な自由度が高い上に、仕事上の責任はそれほど重くないことにあります。

もちろん多くの場合、時給であったりするから、労働時間を減らせばその分給料が減ることにはなります。
しかしそれを承知の上で、比較的自由になる時間をどのように活かすかが派遣社員を選ぶ人間の賢い生き方と考えられます。

自由な時間を趣味に使ったり、子育てに使うのもありでしょう。

今回のポイント

正社員絶対信仰のようなものはもはや崩れ去っています。
安定志向が強い人は正社員が望ましいでしょうが、契約社員、派遣社員にもそれぞれの良さがあり、それをしっかりと認識し、活かす姿勢を持つことが大切です。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サービス残業

みなし労働制という名のサービス残業無限地獄!

若い社員

20歳代、2度目の転職は実は正念場

転職がなかなか決まらなくて焦る

介護業界はブラック業界なのか?

パワハラ

自己陶酔型パワハラ上司には腹を割って本音を言えない。上司失格!

介護業界にヘルパーとして転職したい。未経験の場合、何から始めればいいの?