転職での重要書類、職務経歴書に何を書けば良いのか分からない

疑問

初めての就職から数年、自分の夢に向けて転職をしたい若者。

メーカーの製造部で勤続15年、実家近くの健康用品販売会社に転職したい中年。

 

履歴書は難なく書けても、初めての職務経歴書には苦労するものですね。

何を書いたらいいのか良くわからないのではないでしょうか。

 

書き出してはみるものの二、三行しか書けないなんてことはよくあることです。

私もそうでした。

 

ここでは職務経歴書を魅力的な内容に書きあげるためのポイントをまとめていきます。

採用担当者は職務経歴書で何を知りたいのか?

まず大切なのは採用担当者が職務経歴書で何を知りたいのかを理解することです。

採用担当者はこんなことを見ています。

  1. 求めている人材であるか
  2. 仕事に前向きか
  3. 自分の強みを理解しているか

求められている人材であることを表現できているか

なんといってもこれが一番重要です。

 

例えば求人内容に

「英語教材販売スタッフ」

とあるのに、食品製造部の経歴ばかりをずらずらと書いても読んでもらえない可能性が高いですね。

 

できる限り求人内容を深読みすることが必要なのです。

上の例でいけば、

  • 誰向けの英語教材なのか(子供向けなのか、ビジネスマン向けなのか)
  • 販売方法はどんなものか(ネット販売、訪問販売、チラシを使うのかなど)
  • 知名度のある商品か
  • 新しい会社なのか、老舗なのか

このような情報がわかってくれば、求められている人物像が徐々に見えてくるのではないでしょうか。

 

仮に今までの自分の経歴が業界違いのものばかりであったとしても、求められている人材との共通点を記載していけば採用担当者の関心度を高めることは可能です。

 

この例で言えば、

  • 海外での勤務経験
  • ホームページ作成経験

などを記載すれば多少なりとも関心を引く可能性はあるでしょう。

仕事に前向きか

仕事に前向きなイメージを想起させるような単語を、ただ並べ立てるようなことはすべきではありません。

 

仕事に対する姿勢、考え方というものは文章に滲み出てくるものです。

無理に言葉にすれば嘘っぽくなってしまいます。

 

職務経歴書を書くことはじつは、今までの自分の仕事の棚卸しをすることなのです。

 

嘘偽りなく事実を書くことが何よりも重要で、多少は詳細に渡って書いていくのも良いでしょう。

誇らしい事実は実績として、切ない失敗などは反省として書き進めるのが良いのです。

 

失敗経験もアピールする材料として使うことができます。

その当時は反省できていなくても、いまは反省できて前向きな姿勢になれていればOKなのです。

自分の強みを理解しているか

じつは、そもそも強みの意味を理解できていない人は結構多いものです。

 

自分勝手に強みを並べ立てたり、自分には強みなんてないと卑下したり、結構そんな感じで上手に自己主張ができていない人がいます。

 

転職で主張すべき強みというものは、求人企業との相対的な関係の中で見えてくるものです。

 

求人企業の要求に応じることができるその人の技量、力量こそが強みなのです。

 

いきなり自分の強みを列挙して主張しようとするのは意味がありません。

 

まずは相手のニーズを的確に掴んで、そのニーズを実現するために私にはこんなことができますよとアピールすることが重要です。

 

自分には強みがないと考えている人でも、その人が前の会社で普通にやっていたことが別の会社では大きな戦力になるなどということは普通にあることです。

 

書き終えたら何度も読み返してください。

できれば家族や友人に読んでもらって率直な意見をもらうのが効果的です。

 

自分には気がつかない指摘をしてくれることもあります。

 

さて、4つのポイントの説明をしてきましたが、求人企業の最大の関心事は、あなたが求めている人材かどうかという一点にあります。

 

転職エージェントが持っている非公開求人情報の場合、転職エージェントはこの求人企業の要求内容を知りうる立場にあります。

採用担当者に直接会って話しを聞けるからであり、その要望に沿って適切な人を紹介するのが彼らの仕事だからです。

転職エージェントを大いに活用すべし。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ちょっと魅力的な履歴書の書き方と工夫

疑念

内定後も油断は禁物。雇用条件をしっかり確認しよう!

書類作成

人には聞きづらい転職時の退職手続き

趣味

転職を成功に導く…履歴書の趣味欄に何を書く?!

驚いた表情のビジネスウーマン

転職時にダメ履歴書扱いされないための最低限の心得

若いビジネスマン

上司に退職の意思を伝えたら絶対に後戻りをしてはいけない!