転職を考えているけれど、採用面接が怖い…

焦り

私は過度のあがり症だ。

今の仕事でもグループ内の打ち合わせ程度なら問題ないが、上司への報告会など改まった場は苦手で、本当に苦しい。

私の所属する部署は新事業を開発する部署で、新事業案を役員へ提案して承認してもらうのが仕事だった。

苦しかった。

特に興味がない仕事、疑問を感じている仕事、上司から言われて嫌々やっているような仕事を、さも素晴らしい内容で、将来性がある内容であるかのごとく資料を仕立てて、役員に報告しなければならない。

これは、超絶苦手だった。

役員に報告できるだけで有頂天になっているような同僚もいた。
彼らにとっては役員に名前を知ってもらうことが幸せであり、昇進のチャンスと捉えていた。

資料を適当に装飾して、夢いっぱいにすることなどお茶の子さいさいだ。
その提案が心底素晴らしいと思えるか否かは二の次なのだ。

彼らにとっては仕事は出世のツールに過ぎないのだ。

私にはそんな考え方ができなかった。

しかし私の上司もその上の上司も、仕事は内容ではなく、昇進に使えるか否かが問題で、昇進に使えるように仕上げることに全力を注がなければいけないと考えているようだった。

自分がそれほどいいとは思えない、むしろ悪いと思うものを会社の上層部に提案することが苦痛だったし、それが私のあがり症に拍車をかけていた。

転職したいけど、採用面接が怖い

この会社に私の居場所は無いとわかった。

転職しかない。

しかし転職活動には面接がつきもので、この面接のことを考えただけで心臓がドキドキする。

我ながら情けない。
いい歳して。

 

しかし私は思い出した。

確かに私は緊張しがちな人間であったけど、学生時代まではそれほど人前で話すことを苦にしてはいなかった。
緊張はするけど普通の緊張感だった。

しかしそれが病的になったのは、今の会社に就職してからだった。
良いとも思えないものを良いものだと言って売らなければいけない状況が私のあがり症を病的なレベルにしてしまったようだ。

採用面接は怖いけど転職しようと決意した

仕事内容が精神的なプレッシャーになってあがり症に拍車を変えていたとするならば、さっさと仕事を変えてしまおうと考えられるようになった。

今度の仕事はしっかりと内容を吟味しようと思う。

大きな会社であるとか、知名度とか、そう言ったものは二の次だ。

人に自信を持って勧められる商品やサービスを世に出せる仕事、それが私には必要なのだとわかった。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タクシー業界では女性ドライバーが求められている

キラリン会社員

30歳代は転職適齢期

転職サイトに登録しようと考えているが、いまの会社に情報が漏れないか心配

転職がなかなか決まらなくて焦る

給料袋

安い給料で便利に人を使おうとする店長。給料アップをほのめかしたら、それは会社が決...

もう限界!

転職に踏み切るキッカケは何なのか?