今を生きる会社人間に必須の備え、『転ばぬ先の杖』とは?

山を眺める男

転職に至る状況というものはいろいろな形でやってくるものです。

自ら積極的に転職の準備をして実行に移す場合だけにとどまらず、突然転職をしなければいけないような事態になることはサラリーマンとしては頭に入れておかなければならないでしょう。

今はそんな時代なのです。

そんな時代であればこそ、何事もなく働いているうちに保険をかけておく必要があります。
自分は転職とは無縁と考えるのは大変に危険なことなのです。

将来の予期せぬ転職のための保険には2つのものがあります。

保険その1 金銭的な蓄え

年齢、職種、業種などによるが、転職を達成するには時間がかかります。
ある一定期間は無給になることも考えられるのです。

そのような事態に備えて、家族を養うための金銭的な蓄えは必要と考えておいた方が良いでしょう。
少なくとも半年、できれば一年程度の蓄えが欲しいところです。

経済的に追い詰められて精神的な余裕がなくなると、転職/再就職活動に大きなマイナスの影響が現れます。

誤った選択をしてしまう可能性が高まってしまいます。

このような状況は本人だけにとどまらず、家族にも不安を与えてしまうことになるものです。

家族を支える者の務めとして、金銭的な蓄えを準備するようにしましょう。

保険その2 転職知識の蓄え

今のところ転職の予定が全く無いとしても、具体的に転職の準備を開始してみるのは実はとても良いことなのです。

実際に転職活動を開始した場合、真っ先にやることは、今までの仕事の棚卸しなのです。

自分は今までにどんな仕事をやってきて、何ができるのか?
他の会社でも通用するキャリアはなんなのか?

仮に他社に採用されるためにはキャリアが不足しているのだとしたら、今の会社にも十分な価値を与えられていない可能性が高く、これは大いに反省しなければいけないでしょう。

自分が転職するときにどれだけのアピールポイントを持っているのかを整理しておくことは今の仕事にもプラスに働き大変に有益なことなのです。

ちなみに転職活動に必要な書類として、

履歴書
職務経歴書

というものがある。
今のうちにぜひこれらの書類を書いてみることを強くオススメします。

そして転職するとしたら、どんな職種/業種の仕事に転職してみたいのかを具体的に考えてみましょう。

上記2つの書類を書きながら、いま自分にやれることを考える。
他にやりたいことがあるならば、何が足りないのかを考えよう。

また、転職サイトに登録するもの1つの方法です。
色々な企業を少しづつでも研究をしておくのも面白いでしょう。

また『チャンスがあれば転職してみても良い』と思えるのであれば転職エージェントに登録してみましょう。
具体的な行動があなたに刺激を与え、環境が好転していくのです。

若い社員
転職エージェントの特徴を知ろう ☆転職マスター 転職エージェントをまとめて紹介するぞ。 総合系、介護系、そして今注目のタクシー系を列挙...

今回のポイント

転職をすることは誰にでも可能性がある時代。
突然転職を迫られる時も十分にありうるなか、今のうちに転職備えて準備を進めよう。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

探偵さん

転職では『自分にはこれができる』という自己分析が何より大切

20歳代のうちに、憧れの北海道にUターン転職、Iターン転職を実現したい

Electric car charging in charging station. Front grille with digital monitor display charging progress. 3D rendering image.

電気自動車から自動車業界の下克上が始まる!

じつは97%の就労者が転職を考えている!その理由は?

微笑む男性

転職活動で探すべきなのは、『やりたい仕事』ではなく『やれそうな仕事』

介護職への転職を検討中。3K職の介護ビジネスに将来性があるか?