タクシー業界では女性ドライバーが求められている

タクシー業界はおじさんばかりが幅を利かせていて、女性や若者には人気のない業界と言う話を以前しましたが、状況は少しづつではあるが変化してきているようです。

 

まずはそもそもなんでタクシードライバーは女性や若者に人気がないのかと言うことを整理してみましょう。

タクシードライバーが女性や若者に不人気の理由

一般的な印象として、タクシードライバーの仕事の特徴は次のようなものであると考えられているようです。

 

  1. 深夜、早朝労働が多く、仕事がきつい
  2. 賃金が安い
  3. 仕事が単純でつまらない

 

こんな悪印象が並んでいれば、女性や若者が好んで選ぶ業界になりづらいでしょう。

 

平均年齢 58歳
男女比率 98:2

 

これらの数字はタクシードライバーの全国平均です。

数字にも、若者や女性の人気がないことが顕著に現れていますね。

今はまさにタクシー業界の転換期

現時点ではタクシー業界に人気がないことに変わりはないでしょうが、タクシードラーバーという仕事がいま大きく見直されようとしています。

 

じつは今、女性タクシードラーバーが求められるようになってきているのです。

 

理由は二つあります。

それらの理由を考えながら、タクシー業界の大きな流れの変化を見てみることにしましょう。

理由1.子育て世代の女性の仕事として注目されている

タクシー業界の不人気理由の一番目に挙げられているものに、

深夜、早朝労働で仕事がきつい

というものがあります。

 

そもそもタクシー業界を24時間体制の移動サービス業と考えれば、深夜、早朝労働は不可欠のもの。

 

これを実現するために業界では様々な労働シフトを敷いているのです。

大きくは3つのシフトがあります。

昼日勤
夜日勤
隔日勤務

幸いにして、タクシードラーバーの仕事は基本的にはドライバー同士のチームプレーではないので、個々人の細かいシフト変更が可能なのです。

 

このタクシー業界で仕事をする上での自由度の高さが、子育て世代の女性の仕事としてぴったりではないかと見直されてきているのです。

 

子育て時代は子供中心の生活にならざるを得ません。

多くの業界はこのような母親の生活に柔軟に対応しきれていないのが現状です。

 

そこでタクシードラーバーの働き方の自由さが注目されているわけです。

理由2.女性ドライバーを求める顧客

また、女性ドライバーを求める利用者層が増えてきているという事情があります。

  • 深夜の女性客
  • 軽い介護の必要な高齢客
  • 産婦人科に行く女性客
  • 保育園に子供をお迎えに行く女性客

女性ならではの細やかさ、心遣いがタクシー業界でも求められています。

ビジネスチャンス到来なのに、タクシードライバー不足

タクシードライバーの不足という問題はじつはけっこう慢性的なものです。

さらに少子高齢化で日本の労働人口が全体的に減少している社会現象が、ドライバー不足に拍車をかけてしまっているのです。

 

一方で海外旅行客の増加、介護タクシーの需要増などのビジネスチャンスが生まれてきています。

そのためタクシー業界ではドライバー不足、特に女性ドライバー不足が大きな問題になってきているのです。

 

日本政府もこれらの問題に大いに注目しており、国土交通省主導で女性ドライバー応援企業の認定制度というのを始めています。

タクシードライバー不足解消に女性ドライバーの力を利用しようとしているのです。

国土交通省「女性ドライバー応援企業」認定制度の創設

業界は女性ドライバー獲得に向けて動いている

タクシー会社は女性ドライバーを獲得するために、お金をかけて受け入れ態勢を整え始めています。

 

  • 育児施設の併設
  • 女性用社員寮
  • 女性用更衣室
  • 女性用仮眠室
  • 女性用休憩所
  • 女性用トイレ

 

今までは女性用トイレもなかったというのですから、ある意味驚きです。

 

タクシー業界のマイナスイメージの1つである

『仕事がきついと見られている(深夜、早朝労働など)』

に関しては逆にフレキシブルに働けるというプラス要素になりうるということなのです。

子育て女性にはうってつけの仕事だと言えるでしょう。

 

残りのマイナスイメージ

低賃金
単純労働

に関しては勘違いが多いのです。

工夫ひとつで大いに稼ぐことのできる仕事なのです。

 

こちらの記事も参考にして欲してください。

今日はタクシードライバーという仕事について話をします。 タクシー業界というとどんなイメージをお持ちでしょうか? 「年寄りばか...

今回のポイント

  • 利用者から女性ドライバーが求められている
  • タクシードライバーは勤務時間の自由度が高く、子育て女性にはうってつけの仕事
  • 政府も女性ドライバー増加のための後押しをしている



あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 この記事へのコメント

  1. […] タクシー業界では女性ドライバーが求められている | 転職WARS より: 2017年2月16日 11:43 AM […]

  2. […] タクシー業界では女性ドライバーが求められているんじゃ☆転職マスター […]

  3. […] 元気そうだな。 転職活動の具合はどうだい? ★転職戦士 …転職WARS タクシー業界では女性ドライバーが求められているんじゃ☆転職マスター […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タクシー業界は人の出入りが激しい業界なのか?

パワハラ

嫌いな上司には一歩引いた姿勢で臨み、攻撃的で大嫌いな上司には…

腕組みするメンバー

転職の真の成功とは

正社員、契約社員、派遣社員、それぞれの考え方、メリットの活かし方

宴会

人間関係に疲れたから転職、の盲点

跳躍

エンジニアから全く異業種への転職は厳しい?