職場の飲み会に参加しないと仲間はハズレにされるのか?

業務外業務

会社はチームプレイで動いていますので、ある程度の付き合いは必要になります。

代表的なものに飲み会というものがあります。

誰もが思い出すのは忘年会、新年会、暑気払いといった恒例の飲み会から、突然企画される飲み会まで様々です。

これらの職場の飲み会にはには共通点があります。

誰も参加したがっていないということです。
この点、あなたも大いに頷けるところではないでしょうか?

 

誰も望んでいないのに、なぜ職場の飲み会は企画されるのでしょう。

職場の飲み会の目的

職場の飲み会の目的は人間関係を円滑に保つことであると思われています。

確かにその効果を発揮する可能性はあるでしょう。

もともと人間関係の良好な職場の飲み会は、さらに人間関係を良くする効果を発揮します。

しかし参加者が嫌々参加している場合はどうでしょうか?

 

嫌いな上司や気の合わない同僚と酒を飲んで話すことといえば、

建て前
会社の悪口
客の悪口

挙げ句の果ては

説教
叱責
口喧嘩

このように職場の飲み会は普段の鬱憤を垂れ流したり、逆にストレスをいっそう溜め込む場になっていくのです。

時々誰かが我に返って、前向きな話題を持ち出したりしますが、しばらくするとまたネガティブな流れに戻ってしまいます。

そんな飲み会に時間と金をかけて参加したい人など誰もいないのです。

 

それでも職場の飲み会が催される理由は、

『自分の職場は仲良く団結している』というデマを内外に流して信じ込みたいから

なのです。

ある程度の効果はあると思います。

職場の飲み会が面倒になる理由

飲み屋で一杯困った事態になるのは、職場の飲み会が人間関係構築のためのお手軽で有効な手段だと、上司や同僚が思い込んでいる場合です。

これは実に鬱陶しいことになります。

そこには

強制力
仲間外れ

といった面倒な力が働き始めます。

「あなたは今回も私たちの誘いを断るのか?」
「忘年会参加は必須です」
「飲んでる時くらい楽しい話をしろよ」

いよいよ参加したくなくなることは必定です。

そして最悪なのは会社のトップが上記のような考え方を持っている場合です。
逃げ場がありません。

http://tensyoku-wars.com/recommended-changeing-job-agent/

あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

公園のブランコ

会社へ行きたくない。でも会社を休んだとしても心は休まらない…

ブレインウォッシュ

下がり続ける給料、このままでどうなるのか不安

ブレインウォッシュ

客先に価格を叩かれたら取引先を価格で叩き返せ!と真面目に指導する上司

業務外業務

職場の飲み会は潤滑剤なのか。めんどくさいだけ。

ブレインウォッシュ

自分は会社を辞められない、と思う人は過労死予備軍

ブレインウォッシュ

会議が仕事と考える上司。頻繁な会議は管理能力がない証拠。