もともとは電気系エンジニア、活気があって楽しい生産現場でまた働きたい

オフィス街を歩く

生産現場が日本からどんどん消えていく情勢の中で、私の会社も今やメーカーというのは名ばかりで、いつのまにか実態は商品企画の会社になってしまいました。

私は、今では役職もついて、ある商品企画のリーダーとして仕事をしています。
そこそこの商品でも、会社のネームバリューで売れていってくれます。

マーケットを調べ、自社の技術が多少なりとも活かせる商品イメージが出来上がれば、それを元にして商品を企画していきます。

一から商品を作る場合は試作品を作り、効果を確認し、製品は自社以外のメーカーに作ってもらいます。
場合によっては、手っ取り早くすでにある製品を自社製品として売り出すこともあります。

既製品でもマーケットを見つけ出して上手に売り込んで行けば結構売れるものです。

生産現場の苦しさと楽しさ

他社で製品を作ってもらう場合は、生産現場を訪問し、様々なチェックを行います。

品質管理、生産能力、部品の購入先などを確かめます。
決め手は生産現場の雰囲気で、その空気感でどの程度のものを作れるかはわかります。

 

私は商品企画という立場ですから生産に関してとやかく言うことはありませんが、かつては電気系エンジニアとして生産現場で仕事をしていましたので、いろいろなことが見えてしまい、やんわりと助言をしたりします。

時にはそんな助言をひどく感謝されたりして、そんな時は心の奥底では嬉しくてしかたないのです。

ある製品を企画し、その製品を作ってくれている工場長から、こっそりと技術指導をお願いされたことがあります。
電気系エンジニアの強化と、生産技術の底上げを考えていたようです。
要はその会社で働かないかと打診されたのです。

その時は礼を述べて、やんわりとお断りしました。
あまりに今いる会社と関係が長く深かったので、逆にそのことが仕事のし辛さにつながるのではないかと思ったからです。

でも相当に心を動かされたのも事実で、その時から、もう一度生産現場で働いてみるものアリではないかと思うようになりました。

転職を考えるようになった

私は結構古い考えの持ち主で、1つの会社で勤め上げるということは普通のことだ、当然のことだと思っていました。

しかし好きで入社した会社でも、長い間に変化してしまい性に合わない仕事をやることになるのはよくあることです。
正社員であれば仕方の無いことでしょう。

結果的に別の職種で花を咲かせることもあるかもしれません。

しかし、どうあがいても好きになれない仕事をやらなければならないこともあります。
会社には感謝しなければいけないでしょう。
雇い続けてくれるのですから。

でも、そこに甘んじてというか、結果的には意に沿わない仕事を続けることにより、時には会社への反発心が起きてしまうのは、なんというか、双方が損をしているように思うのです。

私はもう一度モノづくりの現場で働きたいのだと気がつきました。
しかし、今の会社ではそれは当分求めようもありません。

今の会社は対外的にはメーカーですが、実態はものを作らず、買ってきて自社製品として売っているだけの会社です。

 

真剣に転職を考えています。

できれば収入は下げたくありませんが、ある許容範囲を設けて会社を探し始めました。

 

総合系の転職エージェントにはいくつか登録しました。

またエンジニアの転職に特化したエージェントもあります。
メイテックネクストはその1つで、ここにも登録して、自分の技術と経験を活かせる会社を探しています。

もう一度、生産現場で働くことが私の夢です。

あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スタート

失業中の就職活動に焦りは禁物

パワハラ

帰宅直前に追加業務を平気で命じるパワハラ上司

パスポート

転職活動での英語力の威力

叫び

転職や再就職ではなく、起業を選択する3つの理由

叫び

会社のためにあなたは死んでいくの?

転職による変化を恐れるか、楽しめるか