機械系のエンジニアとしてもう一度働きたい

図面を持つエンジニア

新卒で機器メーカーに入社

私はある大学の工学部機械系学科を卒業して今の会社に入社をしました。

私が入社した頃はまだまだモノづくり日本の雰囲気が残っていました。

入社当初は製品設計もしていましたが、生産技術部に異動してからは俄然仕事が面白くなっていきました。

小さい頃からちょっとした機械を自分で考えて作るのが好きでした。
ですから自分で設計した装置や機械を自分で組み立てて、それらが生産現場で使ってもらう仕事は本当に楽しかったのです。

会社で扱っていた製品は小型のものがほとんどでしたので、その生産に使われる装置や機械もそれほど大きなものではありませんでした。
それらの装置一台一台が自分の子供のように愛おしいものでした。

製造現場は日本の田舎から海外へ

田園風景入社して5年ほどは、製造現場は国内の片田舎にありました。

新製品の立ち上げの時期には長期の泊まりがけで対応しました。
納期に追われて随分と大変な思いもしましたが、無事に製品が出荷されていく様子は本当に感動的なものでした。

そのうちに製造子会社は国内の田舎から海外に展開されていくようになりました。

私たちの仕事も海外に徐々に移されていきました。

一年のうち半分は海外に出張でいくようになり、ついには出向で数年間海外生活をする同僚も珍しくなくなりました。

会社から製造現場がなくなった

コストダウンのための海外生産でしたが、ついにはそれらの海外の子会社ではコストダウンが難しくなり、ついには子会社とたたむことになってしまいました。

そして製品設計までを社内で行い、生産は海外の会社に外注することが行われるようになりました。
私たち生産技術部はほぼ用済みになってしまったのです。

そして今では製品仕様作成までを社内で行い、設計以降は外注するという仕事の流れになっています。
それでも今だにメーカーと名乗っているのですから笑えます。

我々エンジニアの多くは企画屋さんになりました。
今、私はマーケティング部に所属しています。

もう一度エンジニアとして働きたい

マーケティングはマーケティングで面白いと思います。

でも目の前でものが作られていく生産現場の雰囲気がどうしても忘れられないのです。

今の会社はすでにメーカーとは呼べません。
世の流れですから如何ともし難く、ここでエンジニアとして働くことはもはや不可能です。

 

しかし最近の日本の状況はやや変化していきていることを感じています。

日本製というものが1つのブランドとして世界でも認められてきており、あえてコストのかかる国内で生産する会社も出てきています。

私はもう一度、ものを作る醍醐味を味わいたいと目論んでいるのです。

エンジニアの転職に特化した転職エージェント メイテックネクストに相談してみようと思います。

あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

びっくり

40歳年収『東京都ワースト500社ランキング』が発表されたが…

野原で一人

転職活動は孤独な戦い。そんなあなたの心強い味方は?

見つめる

今と違う仕事もしてみたい!

張り切るビジネスマン

じっとしていても給料は下がる一方。動き出そう30歳台!

ビジネスマン

年収アップだけを転職の絶対条件にしてはいけない

パワハラ

何でも自分の手柄にしたがる無節操な上司、付き合いきれない