人生は1つだけ、会社はいくつでも!

長く続く線路

自分には

この仕事しかない、この会社しかない

と思い込んでいないでしょうか?

 

あなたはそんなことないよ、と言うかもしれない。

でももう一度、よく考えてみてください。

選択を曲げないという盲信

あなたはかつて今の会社、職業を選択しました。

なぜその選択をしたのでしょう。

 

私の場合はどうだったかと言うと、就職活動中にたまたま卒業生が学校を訪ねてきて、会社の紹介をしてくれたのがきっかけでした。

初めて会った先輩でしたが、話が合うし、結構名の通った会社でしたから、『なんとなく』決めたと言うのが実際のところです。

 

人それぞれ色々な選択のパターンがあるでしょうが、大した理由がないという場合が多いのではないでしょうか?

 

 

しかし何年かその会社に勤めていると、その会社を選択したことを絶対視してしまうことがままあります。

 

会社の先輩や上司からもこんなことを言われるのです。

「好きなことを仕事にするなんて甘い。今の仕事を好きになるように努めるんだ。」

「苦しくても継続しなければ仕事の本当の良さは分からない。」

極めつけは
「今諦めたら、お前は自分の選択が間違っていたことを認めたことになる。」

 

自分の選択が間違っていたことを認めてはいけないのでしょうか!?

自分の間違いを認めずに突き進むことを盲信と言うのです。

でもこれ、結構あるんですよ。

今、会社を辞めちゃうのは勿体無い

思い悩む女性会社選択の盲信を後押しする考え方に、この

「今辞めちゃうのは勿体無い」

と言うのがあります。

 

せっかく今までキャリアを積んできたのに、役職だってついてきて、給料もちょっぴりは上がって…
などと言うことを考え始めるわけです。

 

会社選択の自分にとっての正しさを考える場合に最も大切なことは、実は会社そのものの良し悪しなのではありません。

最も大切なのは

『その仕事は自分にとっての有意義か?』

なのです。

 

なので、ある会社に入ってみて、この仕事は自分にとっては面白くないなと分かれば、さっさと選択の間違いを認めるべきでしょう。

 

または会社の仕事内容が変わってきて、自分に合わなくなったなと感じるのであれば、再選択を検討したほうがいいのです。

 

ですから本当は

「今辞めないともったいないことになる」

と言うべきなのです。

人生は1つだけ、会社はいくつでも

東京夜景あなたの人生は1つしかありません。
会社は幾つでもあります。

一度選んだ会社だからといって、自分を犠牲にしてその会社を選択し続けなければいけないなんてことはありませんよね。

 

会社はどんどん変わるんです。

 

自分を無理に変えてついていけない会社についていこうとするのは、1つしかないあなたの人生の無駄遣い。

もったいないことです。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

砂時計

35歳転職限界説の崩壊に伴う転職活動の変化

野原で一人

転職活動は孤独な戦い。そんなあなたの心強い味方は?

転職活動に適した時期は? 何月が適しているの?

技術職を辞めてお客さんに近い仕事をしたい

過酷な労働

転職したい、でも自信がない。そんなあなたが実行すべき1つのこと

これからの時代、タクシー業界は転職先としてかなり面白い!