転職エージェントの非公開求人情報は本当にありがたいのか?

転職エージェントのサイトを開くと、誇らしげに

「非公開求人情報 何万件以上」

「非公開求人情報 90%以上」

などと書かれています。

 

非公開という言葉に何かプレミアム感が溢れていて、「いいことありそう」と求職者に思わせようとしているのでしょうね。

 

非公開求人情報というものが、何を期待されて転職エージェントに託されているのかを知れば、非公開求人情報の特徴、どのようにすれば有効な情報に接することができるのかが分かってきます。

採用活動の主なプロセス

求人企業での採用活動の概略はだいたい以下のようなものです。

人気企業、人気業種の公開求人には、数千人規模での応募が集まることが稀ではありません。

 

選考の第一段階はもっぱら書類選考ですが、数千人規模の書類選考は大変な作業なのです。

一方でそれほど知名度がない企業の場合、公開求人を出しても思い通りに人が集まってくれない場合もあります。

採用活動のアウトソーシング

そこで転職エージェントの出番となります。

 

求人企業の採用活動のプロセスのうち、求人案内公開、母集団形成の部分がアウトソーシングされて、それが転職エージェントの仕事になるのです。

人気企業、人気業界の場合は膨大な求職者数をあらかじめ絞り込む作業を転職エージェントに依頼し、それほど人気のない企業の場合は一種の宣伝塔としての役割を転職エージェントに期待しています。

 

まず求人企業は転職エージェントに採用意図を伝えて、採用の手助けをするように依頼します。

転職エージェントは自社が抱える求職者リストの中から適格者を選び出して、採用活動の書類選考工程に投入してくるわけです。

 

これにより求人企業は採用コストを大幅にカットし、効率をアップさせることが可能になるのです。

採用が実現した場合は、その見返りとして成功報酬が転職エージェント側に支払われます。

非公開求人情報の数はエージェントの営業力の目安

求人企業側も転職エージェント側も、お互いにメリットが見込める場合は非公開にしておきたい訳です。

また求人企業はある1社の転職エージェントにのみ仕事を出すのではなく、同じ求人案件を数社の転職エージェントに依頼して、競争原理を働かせていることは十分に考えられます。

 

むしろ非公開求人情報とは言っても1つのエージェントが独占している可能性は低く、「非公開求人情報を何万件抱えています」というのは転職エージェントの営業力の目安にはなるが、その数字に惹かれてありがたがる意味はあまりないと言えるでしょう。

求職者にとってこのシステムは望ましいものなのか?

このアウトソーシングの最も注目すべき働きは、転職エージェントが求職者をふるいにかけるということです。

 

もっと具体的に言えば、キャリアアドバイザーが求職者の適性をみて、求人情報を見せるか否かを判断しているわけです。

私が何度も言うように、求職者は転職エージェントを選ぶ前に、キャリアアドバイザーを選んでほしいという意味はここにあるのです。

 

しかし、自分にとってどのキャリアアドバイザーが良いのかを見極めるのはなかなかに難しいことです。

見極めるための特別な方法などないでしょう。

 

結局、こちらから心を開いて人間関係を築いていくしかないと言えるのではないでしょうか。

勝負はキャリアアドバイザーとの打ち合わせの時から始まっています。

真剣勝負ですね。

 

自分の成績で頭がいっぱいのキャリアアドバイザーがいるのは事実です。

彼らの特徴を一言で言えば、人の話を聞かないということです。

 

目の前のキャリアアドバイザーに納得できなければ、ピンとくるものがなければ、躊躇なく担当アドバイザーの交換、もしくは他の転職エージェントを利用しましょう。

今回のまとめ

  • 非公開求人情報が転職者にとって有効に働くのは、優秀なキャリアアドバイザーに恵まれた時
  • 非公開求人情報は転職エージェントからしか得られないのもまた事実、やはりその意義は大きい

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職エージェントに紹介された会社からもらった内定、どのように辞退すれば良いの?

やる気

中小企業から大企業への転職は難しいのか

ミドルエイジのビジネスマン

転職エージェントから自分の会社に情報漏洩するのが心配…

転職エージェントを使うデメリットとして知っておきたいこと

エージェント

転職エージェントを使うメリットを知っているのと知らないのでは大違い!

みんなでガッツポーズ

転職エージェントとハローワークを使ってみて分かった違い