転職用の文書、宛名書きでの『殿』『様』の使い分け

殿様

『殿』『様』は本来、人名や官職名などにつけて、敬意を表すものです。

 

どんな時に『殿』を使い、どんな時に『様』を使えば良いのか迷うことがあるのではないでしょうか。

大切な転職の書類などで失敗しないように基本を押さえておきましょう。

『様』はオールマイティー、『殿』はちょっと特殊

『様』口語、文語のどちらでも使うことができます。

 

また年齢の上下、性別に関係なく、相手への敬意を示すことのできる便利な言葉なのです。

 

『殿』は基本的には文語でしか使われません。

目下に対してや、事務的・公式的な文書に使われることが多いです。

 

官公庁の文書ではよく使われます。

口語で『殿』を使うのは、人を小馬鹿にしたようなニュアンスが出てきてしまうので注意が必要です。

 

転職用の書類に使う文書では、『殿』『様』で迷う必要はありません。

『様』を使うことが安全でおすすめです。

『御中』は組織名の下に添える言葉

ついでに『御中(おんちゅう)』について説明しておきましょう。

郵便物の送り先として個人名が特定されていなくて、組織宛に送る場合には、組織名の下に『御中』をつけます。

しかし組織内の個人宛に送る場合には、組織名に『御中』はつけません。

 

〇〇株式会社 人事部御中     (正)
〇〇株式会社 人事部 田中様   (正)
〇〇株式会社 人事部御中 田中様 (誤)

 

社会人でも時々間違える人がいます。

転職の際には常識を疑われるので気をつけたいところです。

今回のまとめ

転職用の文書、宛名を書く時には、『殿』は使わず、オールマイティーな『様』を使うようにしましょう。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

趣味

転職を成功に導く…履歴書の趣味欄に何を書く?!

ネット情報と五感をフル活用した志望動機書の書き方

疑問

転職での重要書類、職務経歴書に何を書けば良いのか分からない

ちょっと魅力的な履歴書の書き方と工夫

驚いた表情のビジネスウーマン

転職時にダメ履歴書扱いされないための最低限の心得

疑念

内定後も油断は禁物。雇用条件をしっかり確認しよう!