転職エージェントご紹介

熱気球で出発不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。

 

日本国内の求人案件のうち、転職エージェントが保有する非公開求人案件は約80%を占めているのです。

 

このことを知らない転職希望者はたくさんいます。

あなたは転職エージェントとともに現実的な一歩を踏み出しましょう。
そこには必ずやあなたが探し求めている会社があります。

 

実は転職エージェントとキャリアアドバイザーは転職するあなたのパートナーであると同時に、求人企業のパートナーでもあります。

 

ですから転職エージェントを選ぶ作業はじつは転職活動そのものなのです。

 

求人企業と求職者の二者の事情に通じている転職エージェントを上手に活用して、あなたの転職をしたたかに成功させましょう。

エージェントを選ぶ

20歳代の若者に特化した総合型転職エージェントはこちら

総合型転職エージェントはこちら

エンジニア特化型転職エージェントはこちら

20歳代の若者向け総合型転職エージェント

20歳代の転職希望者が持っているのは、わずかの社会人経験と大きな可能性なのです。

短いとはいえ社会人経験で大切な学びを得ているはず。
だからこそ転職をしようと考えているわけです。

しかし新卒気分では20歳代の転職を勝ち抜くことはできません。
大きな可能性と新卒とは違う魅力を打ち出して転職を決めてください。

マイナビジョブ20’S

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’S

第二新卒、20歳代の転職実績ではトップランナーと言える存在です。
若者向けの転職支援で今まさに波に乗っている転職エージェント。

しっかり押さえておきましょう。

公式サイトはこちら

就職Shop

リクルートキャリアが運営する若者向け転職サイト

大きな特徴は

  • 求人企業は100%取材
    求人企業の担当者の生の声を必ず聞いてくるということ。
  • 書類選考なし
  • 訳あり若者ウェルカム
    就活に失敗してフリーターをしている
    海外留学から帰国したが転職活動時期を逸した
    高卒で就職したが転職したい、学歴がネックになっている
    フリーランスで頑張ったが、やっぱり就職したい
    といった訳ありの若者にも利用してほしい。

『書類選考なし』というところに、リクルートの底力を感じます。

公式サイトはこちら

TokyoDive

憧れの東京で、仕事と住居を同時に探すことができるTokyoDive、異色の転職エージェントです。

 あなたが地方に住んでいて、東京で働いてみたいけど東京に伝手がないという場合には、最適な転職エージェントです。

土地勘のない東京で、職場と住居をベストマッチで探すのはかなり大変です。

でも東京で働いてみたい、そんなあなたを優しくサポートします。

 

住居は、敷金/礼金ゼロ、家具付き、ルームシェアなど豊富な情報を提供してくれます。

公式サイトはこちら

UZUZカレッジ

研修して自分を鍛え直して、転職活動ができます。

やる気の若者が集まる転職エージェント、UZUZカレッジです。

 

希望の職種に応じた研修で学び直すことが出るんです。

研修費用も含めて無料で利用することができます。

公式サイトはこちら

若者正社員チャレンジ事業

学びながら最大10万円支給+若者正社員チャレンジ事業。

こちらも東京しごとセンターの若者向けサービス。

学校卒業後、2年以内で会社を辞めてしまった人、ニートやフリーターになってしまったけど正社員として再スタートを切りたいという意欲を持った若者を募集しています。

約20日間の実習、最大10万円の奨学金など注目のサービスを提供してくれます。

公式サイトはこちら

 総合転職エージェント

総合転職エージェントは、年齢、業種、職種を問わず幅広い求人情報を保有しています。

 

転職エージェントの中ではオールマイティな存在。

 

そんな総合転職エージェントはもともと求人情報誌の会社だったり、派遣会社だったりするのです。

それがそれぞれの転職エージェントの特徴のベースになっています。

 

あなたが転職エージェントの利用を考えているなら、特徴を踏まえて登録の候補として検討してください。

パソナキャリア

大手総合型転職エージェント パソナキャリア

パソナは派遣会社としての人脈を活かし、抱える求人情報の幅が広く、正社員求人が比較的多いというのが特徴。

またキャリアアドバイザー自身が求人情報を集める営業業務も兼ねているため、多くの案件は求人担当者の生の声をベースに転職支援をしてくれます。

他の総合転職エージェントの中では、中高年の転職者を比較手厚く支援してくれるのがありがたい。

公式サイトはこちら

DODA

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA の転職支援

売上高実績が堂々の業界第2位。

リクルートに並んで日本最大級の求人数、登録者数を誇ります。

 

10万件以上の求人のうち約8万件が非公開求人情報。

 

しかしキャリアアドバイザーの質のばらつきが大きいという噂が絶えません。

担当者とあなたとの相性が合いそうになかったら交代を申し出ることも考えましょう。

公式サイトはこちら

リクルートエージェント

転職成功実績No.1 リクルートエージェント

求人情報の量が圧倒的、16万件。

そのうち非公開求人情報が90%を占めます。

 

情報量の多さは機会の豊富さを意味します。

その豊富な機会の中からあなたに最適な転職先を見つけて下さい。

公式サイトはこちら

エンジニア特化型転職エージェント

日本からものづくりの現場がどんどん少なくなっていた時期は確かにありました。

コストダウンに追い立てられ海外生産しか方法がないと考えた会社は生産拠点を海外に移していきました。

 

しかし今では状況はまた変わりつつあります。

 

日本製の品質の良さが改めて見直され、日本国内の生産は徐々に息を吹き返しているのです。
そんな中、ものづくりを支えるエンジニアの力がもっともっと求められているのです。

メイテックネクスト

製造系エンジニアの転職支援No.1のメイテックネクスト

親会社はメイテック。
メイテックは製造業の特定派遣に40年の実績を持ち、その実績と情報力を駆使してエンジニアの転職を力強くサポートしてくれます。

エンジニア求人情報を常時10,000件以上抱えます。

エンジニア専門の転職サポートなので、日本を代表する大手企業から、規模は小さいが業績と技術に優れた企業まで、豊富な求人をご紹介してくれます。

メイテックネクストにしか募集が出ていない「独占求人」も多数保有。

公式サイトはこちら

 

また転職エージェント活用講座もあります。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 登録するにあたって中止してほしいこと 

転職エージェントにはそれぞれサポート期間というものがあります。
だいたい3ヶ月から6ヶ月といったところです。

よって遅くとも6ヶ月以内に転職先を決める、という決意がある程度固まったところで登録するようにしましょう。
いつかそのうちという情報蒐集程度の姿勢では転職エージェントは拍子抜けしてしまいます。

そのような事情はしっかり理解しておきましょう。