54歳男性、転職エージェントの登録面談はこんな感じだった!

書類作成

54歳男性。
前職は医療機器メーカーの新事業創出グループの管理職。

54歳の年、春先に会社が早期退職の募集を突然発表しました。

二人の子供がほぼ独立し、そろそろ私自身は違う道を模索するのも有りだろうと思い、妻と相談の上、退職することとしました。

退職金の上乗せ分を使って家のローンをすべて払い、のんびりと進む方向を模索しようという気分でいました。

会社を辞める数ヶ月前は、心身をすり減らすように働いていましたので反動もあったのだと思います。

前の会社の勧めもあって、転職エージェントに登録をして再就職先を探すこととしました。

リクルートエージェント、テンプスタッフ、パソナキャリアの3社と面談をしました。

面談はまさに三者三様といったところで、会社の方針なのか、面談者の個性なのかわかりませんが随分と印象が異なりました。

転職エージェントというと多くの人にとっては未知の領域かもしれません。
私の体験を多少なりとも参考にして頂ければと思います。

リクルートエージェント

私の時間の都合で夕方の通勤時間帯に面談となってしまいました。

私とほぼ同年代の方が面談をしてくださいました。

非公開求人情報の集め方、情報検索の仕方、情報量が業界随一であることなど一通り説明してくれました。
実際に私の目の前でパソコンを使って求人情報の検索を行い、数千件の案件がヒットしたのを見せてくれました。

組織的に転職/再就職ビジネスを展開しており、非常にシステマチックな印象を受けました。

50歳代の転職では根気よく多くの会社にチャレンジすることが必要と知っていましたので、これだけのデータ量があれば数をこなすことは可能だと思いました。

しかし、面談者の第一印象がよくありませんでした。
全く覇気がない。

パソコンやパンフレットを使って丁寧に説明してくれているのですが、この人と一緒に仕事をしたくないというのが私の正直な感想でした。

テンプスタッフ

面談をしてくれたのは60歳に近いような雰囲気の男性でした。

システムの説明などは全く有りませんでした。
私の話を全く聞かず、日本の転職事情などを延々と話し始めて、ほとんど世間話をしただけでした。

やる気のなさが前面に出ていて、私は話を聞きながら呆れるとともに、怒りすら覚えました。

テンプスタッフに関しては全くオススメする気になれません。
面談してくれた人の資質の問題かもしれませんが、スタッフの教育が十分にできていないのではないかと私は感じました。

 

仮に再就職が厳しい年代の面談者だとしてももう少し敬意を持った対応ができるのではないかと思います。

面談者の一方的な話は終わる気配がありませんでしたので、途中で
「用事がありますので」
と言って話を打ち切って早々にきりあげました。

パソナキャリア

面談はオフィス内の小部屋で行われました。

「あまり美味しくありませんが」と謝りながらコーヒーを出してくれたのが今でも印象的で、覚えています。

私の希望などを一通り聞いた上で、パソナのシステムの説明をしてくれました。
面談者も再就職でパソナに入社したとのことでその時の経験談などを話してくれました。

おそらくそのような話は誰にでもしているのでしょうが、上記2社と明らかに違ったのは、一緒に頑張りましょうという姿勢が感じられたことです。

それぞれの会社の方針なのかもしれません。
そうかもしれませんが、希望をもたせてくれたその姿勢は、当時の私にとっては本当にありがたかったです。

転職エージェントは数社と契約を結ぶのが基本と聞いていましたが、結局パソナのみと契約を結びました。
正直言って、他の2社とは契約を結ぶ気にもなれなかったのです。

約9ヶ月後、再就職を果たすことができました。
担当のキャリアアドバイザーも親身になって様々なことの相談に乗ってくれ、心を支えてくれたと感謝しています。

読者にアドバイス

私の場合、3社の転職エージェントと面談した結果、2社は面談者がハズレだったと思わざるを得ません。

面談者がひどかったとしても担当者までハズレになるとは限りませんので、契約だけはして担当者を確認すべきであったなと反省しています。

できれば5社くらいと面談し、そのうち2、3社と契約を結ぶというのがベストであると思います。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職エージェントのオフィスは私の再就職活動の拠点となった!

塾の学生

雇われ塾長から脱出、大手学習教材メーカーに転職成功!

43歳、営業職、転職の最後のチャンスと思い、踏み切りました。

情報アクセス

50歳台の転職にズバリ求められるもの

バトンタッチ

35歳男性、二転三転の転職。でも転職してキャリアアップの意味を初めて知った。

先輩の一言が救った45歳の転職