ノルマに追い立てられるきつい営業職を辞めたい

どんな仕事にも向き不向きがあるものですが、最近は営業職に関する相談が多いので、話をしてみようと思います。

営業職で最も多い悩みがノルマがきついというものです。

営業ノルマがきつくなる3つのパターン

会社は、何らかのモノを売って売り上げを立てることによって存続しています。

営業はそもそも売上を上げる最先端の部署です。
成績はそのまま数字に表れます。

営業成績が数字になって現れるということは、やりがいがあるとも言えるし、一歩間違えば余裕の無い職場になってしまうとも言えます。

ノルマに追い立てられて営業職を辞めたいと思い詰める人には次の3パターンが考えられます。

  1. 罪悪感
    売っているモノがそもそも良いモノであると思えない場合。
    良いとも思えないモノを客を騙すように売っているという罪悪感があるわけです。
  2. 数字だけで判断される
    状況など関係なしにただただノルマの数字のみを求められる場合。
    頑張れとだけ言われるような、問答無用の職場環境。
  3. 人と接するのがそもそもストレス
    人と接するのがそもそも得意ではない上に、ノルマの数字に追い立てられる環境でいよいよ苦しくなっているような状況。

それぞれのパターンで身の振り方を考えてみよう。

罪悪感を伴うような営業

まず1の場合です。

良い悪いの判断はそもそも簡単では無いが、商品の仕様をお客さんが承知した上で購入に至っているのかがポイントです。

悪い点を隠して売るような詐欺まがいのやり方が公然と行われているようであれば、相当問題のある部署ということになります。

営業ノルマ以前の問題です。

このような問題は結構根が深い。

他の部署の様子も調べた上で、職場異動を願い出るのは1つの方法。
会社全体の問題であると考えられるなら転職も検討しなければならないでしょう。

会社全体の様子を知るには他部署にいる友人に尋ねてみるのが良い。

また以下のようなサイトもある。活用してみて欲しい。
カイシャの評判

営業の数字しか見てくれないのは上司なのか、会社なのか

次に2の場合じゃ。

これは上司の管理能力による場合がある。数字で管理するのは簡単ですから。

ただ問題は、上司自身がノルマの数字だけで管理されているような会社の場合です。

売れる理由、売れない理由が購買、開発にフィードバックされるような仕組みが会社の中にあるか調べてみてください。

それが無いかしっかりと機能していないようであれば、状況は改善されないです。
なんでもいいからとにかく売れといった一方的な会社である可能性があります。

身体を壊す前に転職を検討した方が無難でしょう。

そもそも人と接するのがストレスだとしたら

さて3の場合。

これはアドバイスが難しい。
まずは自分は何がしたいのかを考え直す必要があるでしょう。

そもそも会社で仕事をするのが自分に合っているのか、それも考えてみる必要があります。

会社に属さない生き方もあります

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分の上司を見ていると希望が持てなくなるという人は転職を考えよう

パワハラ

人前であなたをバカにする上司。そんな上司にしがみ付く理由は何だ?!

砂時計

35歳転職限界説の崩壊に伴う転職活動の変化

長く続く線路

人生は1つだけ、会社はいくつでも!

サービス残業

人はなぜサービス残業をするのか?

パワハラ

部下の成長ためだと言いながら、仕事を強制する粘着質上司