会社が中高年転職者に求める即戦力の本当の意味

OK男性

転職では即戦力が求められるといいます。
特に中高年の転職者の場合はその傾向が強くなります。

その即戦力とは何でしょうか?

この即戦力というものを履き違えている人が結構多いものです。

求められている即戦力の意味をしっかりと把握することは、転職活動の行方を大きく左右することに繋がります。

人材サービス協議会が『ミドルのチカラ』という資料の中で興味深いアンケート結果を紹介しましょう。

人材採用によって解決したい経営課題は何か?(n=1509、複数回答)

まとめると以下のようなものになります。

  1. 自組織メンバーの力の底上げ(28.6%)

  2. 業務の改善や仕組みの再構築(21.3%)
  3. 販路の拡大や新規顧客開拓(19.9%)
  4. 新しい事業領域へ進出(19.4%)
  5. 悪化した業績の向上(16.7%)
  6. 新技術や新商品の研究開発(14.2%)
  7. 事業の再編や再構築(12.9%)
  8. 次期経営者候補の確保(3.0%)
  9. その他(7.8%)

若い世代に求める即戦力との明確な違いは、組織への影響力を求められていることにあります

大企業であれば大きな組織、中小企業であれば数人規模の小さな組織かもしれませんが、組織の大小を問わず、その組織に新しい血を流し込んで欲しいと期待していることが伺われます。

中高年の転職を成功させる情報収集力

中高年の転職には技術力だけではなくて管理能力、マネジメント力が求められるというのはこのような背景があってのことなのです。

この辺りの会社側のニーズをできるだけ正確に把握できれば、それだけ転職活動を有利に進めることができます。

求人企業が求めている技術力、変革したい組織規模、変革の方向性。

転職活動をするにあたっては、組織のリーダーになることを求められているのか、サポート要員になることを求められているのか、その辺りの情報をしっかりとかぎ取ることが大切なのです。

また自分を省みて、大きな組織では荷が重いが、小さな組織であれば可能などということがわかっているのであれば、そのことを認識しながら転職活動を進めたいところです。

転職エージェントの情報力を上手に活用する

上記のような求人企業側のニーズを掴むのは容易なことではありません。
求人要件から想像するしかありません。
しかしそれでは想像の域を出ることはできません。

そこで大いに活用したいのが転職エージェントなのです。

彼らは求人企業の採用担当者とのコネクションを持っています。
採用担当者は企画の内容、求める人物像、職務内容などを転職エージェントに伝えてそれに見合った人を紹介してくれるように依頼しています。

転職エージェントは採用担当者のニーズ、まさに一次情報を把握しているのです。

転職エージェントと契約していればそれらの一次情報を知ることが可能で、それはとてつもなく重要なことなのです。

今回のポイント

中高年に求められる即戦力は、組織への影響力がポイントになります。
ネットや求人誌に書かれた求人要件だけでは会社側が求めている即戦力の詳細を知ることは難しいでしょう。
そこで大いに活用したいのが転職エージェントの情報力なのです。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職への不安を取り除くためのたった1つの方法

介護職への転職を検討中。3K職の介護ビジネスに将来性があるか?

パワハラ

上司が正しくて部下は間違っていると固く信じているバカ上司

業務外業務

ウンザリする会社の飲み会は儀式なのか、業務なのか

転職がなかなか決まらなくて焦る

山を眺める男

40歳台以降はリストラを意識しよう!