ブラック社員はいずれブラック上司になり、会社はブラック企業へと進化する!

ブラックなシルエット

ブラック企業を構成するピラミッドの重要な要石(かなめいし)は、言うまでもなくブラック上司たちです。

 

彼らは一般社員をしゃぶり尽くすことによって自分の会社が成り立っていることを熟知しています。

 

ブラック上司にとって、一般社員は次の2種類に分類されます。

  1. 消耗品社員
  2. ブラック社員

そして怖いことに、社員は無意識のうちのこれら2種類の社員のうち1つを自ら選択しています。

消耗品社員

消耗品社員は会社を成長させ、ブラック上司を肥え太らせるための肥料と言えます。

栄養分を吸い取られ、いずれ何処へともなく消えて行く運命にあります。

言ってみれば、ブラック上司の餌食ですね。

 

ブラック企業にとってはそれでOKなのです。

それが消耗品社員の役目だからです。

 

『代わりはいくらでもある』

この考え方がポイントなのですね。

ブラック社員

ブラック社員はブラック上司の子供のような存在です。

消耗品社員がブラック企業の肥料だとすれば、ブラック社員はその養分を吸い取る植物の種のようなもの。

 

その種はいずれ成長して、ブラック上司になってブラック企業を支えることになります。

ブラック社員の特徴は、徹底した自己中心性にあります。

同僚でもある消耗品社員の栄養分を吸い取るばかりではなく、隙あれば上司も肥やしにしてしまう存在です。

ブラック上司やブラック社員にとってブラック企業はブラックではない

実はブラックな人たちにとってブッラク企業はブラックには見えません。

彼らの目には、ブラック企業は自分の素質を活かせる恰好のフィールドなのです。

食うか食われるかという大好きな戦争ゲームの戦場なのです。

 

だからそのような闘争が好きな人たちがいる限り、ブラック企業は決して無くなることはないでしょう。

 

この認識は極めて重要です。

類は友を呼びます。

ブラック企業にはブラック社員が集まり、ブラック上司に成長し、ブラック企業のブラック度は増大していきます。

筋金入りのブラッック企業になっていくわけですね。

 

自分が働く場は慎重に選択しなければいけません。

当たり前ですね。

 

正直言って、会社は入ってみなければ分からないことも事実です。

ある会社に入ってみてここでは生きていけないと分かったら、早めに転職の準備だけでも進めておかなければいけないでしょう。

そう、いつでも転職できるように。

 

こちらもご覧ください。

ブラック企業研究所
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

転職活動でのブラック企業の見分け方、シッポのつかみ方

『ハロワ求人はブラックばかり』という情報は本当なの?!

サービス残業

サービス残業、辛い。そうだ会社を辞めよう!

ブレインウォッシュ

ブラック顧客が私の会社をブラック企業にした。

過酷な労働

『ブラック企業大賞』、『ブラック企業リスト』発表! 次のターゲット会社は?

サービス残業

残業が終わらない、無限残業、「みんなが頑張るから自分も頑張る」は地獄の三丁目