ブラック企業を辞めるための転職面接で伝えるべきことは?

座り込む男性

ブラック職場で働くとは

ブラック職場で働くと具体的には次のようなことが起こります。

 

  • 自分の意思で仕事を切り上げられない
  • 仕事を楽しいと思えない
  • 同僚と息を抜いたような会話ができない
  • 自分が何時間働いたのか良くわからない
  • 焦りで頭がいっぱいになる
  • 上司への提案をしない、する気になれない
  • 会議が怖い
  • 愛想笑い、高笑いが多い
  • 職場で不満を言う雰囲気がない
  • 失敗の責任を巡って個人攻撃が起きる

 

もちろん一部ではありますが、10個の事例を挙げました。

 

ちょっと思い返してみてください。

この10個の事例のうち半分以上の事例が、あなたやあなたの職場で起きているとしたら、相当に危険な職場と言えるでしょう。

 

そしてあなた自身が

 

苦しいけれど、この職場で仕事をする以外に道はない

 

と思い込んでいるとしたら、ブラック職場の罠に完全に捕まっています。

すでに精神が病んできているのかもしれません。

 

視野が狭まって、一本の道しか見えなくなっています。

その道の先には暗いトンネルしか見えておらず、別の道があることを自ら否定してしまっています。

 

この記事がそんなあなたが僅かづつでも新しい道を見つけ出すきっかけになってくれればと思っています。

ブラック職場で働き続ける人が選択できない道

自分の職場がブラックだなと感じて、息苦しくて働き続けることが苦しいようであれば、まずは職場異動を考えましょう。

上司に話しても拉致があきそうもない場合は、人事部や上司のさらに上層部に相談してみるのが良いでしょう。

自分の評価が落ちてしまうのではないかなどと心配になるかもしれませんが、働けなくなっては元も子もありません。

あなたの苦しい状況が、職場異動で改善される可能性は十分にあります。

 

しかし人事部や会社上層部に相談しても、取り合ってくれない、辛抱しろなどの言葉しかかけない程度の対応しかしてこない場合もあります。

念のため同期や知り合いに職場の様子を聞いてみることもしてみましょう。

他の職場も似たような状況かもしれませんね。

だとしたら、会社自体がブラックである可能性が高いと言わざるを得ません。

 

そんな時は勇気を持って転職を検討しましょう。

 

 

しかし言うは易し、行うは難し。

そんなことできない、という嘆きの声が聞こえてきそうですね。

 

身も心も苛むようなブラック職場を離れられない人たちは、1つの共通点を持っています。

 

新しい環境を選択することへの強烈な不安感

 

この不安感ががっちりと心を掴んで、あなたの身動きを取れなくしてしまいます。

 

  • 収入はどうなってしまうのか?
  • 新しい仕事は見つかるのか?
  • 新しい会社でやっていけるのか?
  • 周囲の人はなんて思うか?

 

でも考えてみてください。

今のまま暗いトンネルを歩いてその先に何があるのですか?

このまま10年も20年もそのトンネルを行くのですか?

 

はっきり言えることは、そのトンネルの先により良い未来は存在しないのです。

 

日本では年間300万人もの人が転職しています。

 

もちろん転職して苦労している人もいます。

給料が下がった人もいます。

でも皆、自分のより良い人生を築くために前向きにあがいているのです。

 

こんなデータがあります。

警察庁の統計では、過労死、過労自殺で年間2,000人以上の人が亡くなっています。

 

これは表に出ている数字であって実態はもっとひどいでしょう。

あなたはこのような人たちの仲間入りをしたいのですか?

ブラック企業を辞めることに躊躇はまったく不要

今の会社がブラックで、逃げ場がないと感じるのであれば、そんな会社は躊躇なく捨て去りましょう。

 

早々に転職活動を開始するのです。

差し迫った状況ならば、さっさと会社を辞めてしまいましょう。

転職の面接で伝えるべきことは?

面接で現職の不満を言ってしまうと同じ理由で辞められるのではないかと思われ、転職に不利になってしまうと言うのが一般的ですが、現職がブラック企業であれば話しは別です。

 

このような場合、面接では

現職の窮状を正直に伝え、転職の一番の理由であることを明かしてしまって良いのです。

 

もし面接官が、同じ理由で辞めてしまうと懸念を持ってしまって落とされるのなら、むしろ幸いなことです。

同じようなブラック系の会社である可能性が高いということですから。

 

私もブラック企業で働いていました。

ブラック企業で働いたことがラッキーと思えることが1つだけあります。

 

普通の仕事が本当にありがたいと思えること

 

こんなに楽をしても給料がもらえるのかと、涙が出るほどありがたい気持ちになれます。

 

給料は下がるかもしれません。

しかしまずは普通に生きることのできる環境を取り戻すことが大切で、そこからまたキャリアアップなりを考えれば良いのです。

こちらもご覧ください。

ブラック企業研究所
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

突破力

上司にとって部下は仕事上の道具。そしてブラック上司は道具を使い捨てにする。

ブラックなシルエット

ブラック社員はいずれブラック上司になり、会社はブラック企業へと進化する!

サービス残業

サービス残業は上司の気軽な一言が生み出し、部下がそれを育てる

過酷な労働

『ブラック企業大賞』、『ブラック企業リスト』発表! 次のターゲット会社は?

ブレインウォッシュ

ブラック職場の共通点。ブラックを打開する秘技は?

ブレインウォッシュ

ブラック営業はブラック顧客を盾にして成績を上げようとする