自分は会社を辞められない、と思う人は過労死予備軍

ブレインウォッシュ

自分は今いる会社を辞められないと思っていませんか?
会社を辞めるなんていう選択肢がまったく無い状況で会社人生にまつわる問題を解決しようとしていませんか?

じつは私はそうでした。

 

会社を辞められないと思っているとどんなことが起きるのか?

突然の休出でも受け入れるしかなく、家族の計画はおじゃん。
子会社への出向のため何年も単身赴任。
賃金が下がってもほとんど何も言えず、飲み屋で同僚と愚痴をこぼすのが関の山。

 

理不尽な要求は徐々にあなたに襲い掛かります。
それを黙って受け止めているうちに、会社や上司はあなたを甘く見始めます。

「こいつは会社を辞める勇気がないから、どんな無理な要求をしても受け入れる。」

このような発想を持つ悪質な上司は、いったん部下を蔑むようになると歯止めが効かなくなる場合があります。

部下は部下で自分はこの会社にしがみつくしか生きれないと思い込んでいるととんでもない悪循環が発生してしまうのです。

 

行き着く先には、自殺や過労死が待ち受けているかもしれません。

鬱になることもあります。
しかし鬱の症状が出れば不幸中の幸いです。
身体がSOSを発してくれているのですから、それに従って病院で治療することもできるでしょうから。

転職という武器

自殺も過労死も真っ平御免ですよね。

できればうつ病にだってなりたくはないもの。

 

しかし自分は転職なんてできない、職場異動もできないなどと考えているような人はこのような悪質で程度の低い上司の餌食にされてしまいます。

いいように使われて心身を病むばかりです。

 

そんな上司から舐めた扱いを受けず決然とした態度を取るためには一種の武器が必要です。
実はそれは私たちの心構えひとつなのです。

『いつでも仕事は変えられる』という気構えを持つことなのです。

 

上司にとって直属の部下が突然辞めるのは実は結構大きな痛手なのです。

人出が減って仕事が回せなくなるということもありますが、上司にとっての一番の痛手は自分自身の社内での評判を下げてしまうことなのです。

上層部からは管理能力と人間性を疑われ、周囲の人からは部下にはなりたくないと思われ、いいことがないのです。

程度の低いパワハラ上司の下に配属されたら異動、転職を模索しよう

つり革を掴むビジネスマン人を人とも思わないような上司の元に配属されてしまったら、異動や転職を検討し、場合によっては具体的な準備を開始しましょう。

理不尽な命令にある程度は従わざるを得ない状況はしばらく続くでしょうが、あなたの行動はあなたの考え方を変え、上司との接し方も変わってきます。

それでも舐めてかかってくるような上司であればさっさとオサラバすることです。

http://tensyoku-wars.com/recommended-changeing-job-agent/

あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブレインウォッシュ

会議が仕事と考える上司。頻繁な会議は管理能力がない証拠。

人生を描く

不安で転職を選択できないあなたへ。苦境の継続か、人生の一新に挑戦するか?

ブレインウォッシュ

今の会社を辞めたい。でも特にやりたいことがない。だから会社を辞められない。

ブレインウォッシュ

下がり続ける給料、このままでどうなるのか不安

ブレインウォッシュ

『給料以上に働く人間が出世する』という巧みな洗脳

非常口

会社に支配されない生き方。会社を選択し直そう!