ツテのない東京での仕事探し、アパートも一緒に探すのがポイント!

東京夜景

今日は地方の若者が東京の会社に就職することについて考えましょう。

 

東京はいつの時代も多くの人の憧れの地ですね。

 

特に若い世代は一度は東京に住んでみたい、働いてみたいと思うものです。

 

今どきはどんなに地方に住んでいても、東京に行こうと思えばいつでも行くことができます。

もちろん遊びに行くという意味ですが。

 

しかし東京人として、東京で仕事をしながら住むとなれば話しはまったく別です。

東京に住みたい、でも何から準備すればいいのか?

疑問あなたがどこかの地方に住んでいて、絶対に東京で暮らしてみたいと思っていても、何から手をつければいいのか分からないという状況かもしれません。

勝手のわからない東京で、住む場所と仕事を探さなければならないわけですから、普通に考えれば大変なことです。

 

友達や親戚など知り合いが東京にいるならば、しばらく居候などをして仕事と住む場所を探すという方法があるでしょう。

 

しかし東京に知り合いがいない。

仮にいても出来れば迷惑をかけたくない。

 

そういった場合、どこから手をつければいいのか分からなくなってしまいます。

 

このような状況でグズグズと時間を過ごすのは勿体無いですね。

とにかく東京へ突撃だ…

高層ビルを前に腕組みをする女性私の知り合いの20歳代の若者は、九州の鹿児島から上京してきました。

 

今は同じ三鷹市内の職場で仕事しています。

住んでいる場所が府中市で、自転車とJR中央線を乗り継いで1時間近くかけて通勤しているとのことです。

 

東京の多摩地区に住んでいれば分かりますが、多摩地区の鉄道は東西方向に発達しており、その反面南北方向は弱く、この南北方向はバスや自転車で移動することが多くなります。

このように交通事情は東京に住んでみないことには分からないこともあるのです。

 

その若者は、職場は決めていましたので、後付けでその近くに住む場所を探したのですが、地図で適当に近そうなところで安いアパートという順番で探し当て、今の住処(すみか)に決めたとのことでした。

 

寒い日や、雨の日は自転車で中央線の駅まで行くのが辛く、引っ越すか、職場を変えるかで真剣に悩んでいます。

住む場所と仕事を同時に探すのがベスト

本当は仕事と住むところは利便性を考えて同時に探すのが正しい方法です。

しかし土地勘の無い東京の仕事と住むところを決めるのは想像以上に難しい作業なのです。

地図を見ながら住むところと職場の間の距離だけみていても、移動時間を正確に判断するのは難しいもの。

 

それに実は通勤経路としてどの路線を選ぶかはとても大切なことなんです。

そう通勤途中に楽しい場所がたくさんあれば、休日に定期券を使って遊びに行けます。

 

これ超重要。

 

住むところはちょっとはずれの安いアパートにしておいて、『使える路線』の定期で通勤をする、賢い選択です。

鹿児島の自宅で上京計画を立てていては、そこまで頭が回らないかもしれませんね。

 

でもそのような細かいところまで相談できる人がいなくて、見切り発車で決めてしまう人がほとんどなのが現実です。

実は上京して働きたいという人をサポートしてくれる会社があるんです

しかし実は、転職と住居探しをトータルでサポートする面白い会社があるんです。

その会社を紹介しましょう。

 

会社の名前は、株式会社アプリ。

いくつかのサービスを展開していますが、一貫して若者に価値あるチャレンジを提供しようとする内容のものばかりです。

 

例えば、

リゾート地での仕事の斡旋はたらくどっとこむ

留学ワーキングホリデーサポート

 

そしてここでご紹介するのは、東京での仕事と住居をトータルでサポートしてくれるTokyo Diveというサービスです。



この会社は賃貸住宅の仲介と、仕事の紹介/派遣を同時にサポートしてくれます。

 

その会社が紹介する住居は初期費用ゼロ、家具付、家電付が基本。

入居したその日から普通に生活が始められます。

 

敷金、礼金、家具類購入などで40万円くらいは普通にかかってしまいますから、それをゼロで抑えられるのは本当に嬉しいサービスです。

 

シェアハウスなどの案件もあります。

 

結構面白いですよ。

 

さらに紹介してくれる仕事も多種多様、あなたの希望を取り入れながら、きめ細やかにサポートしてくれます。

当然、通勤の便、日常生活を考慮して、住む場所と仕事を決めていくことになりますね。

TokyoDive

(TokyoDiveのホームページより)

 

どんな職種を希望するかは、あらかじめある程度ははっきりさせておいたほうがいいでしょう。

 

また余談ですが、仕事探しをするにあたって、雇用契約の違いは覚えておいたほうがいいです。

その上で相談すると、話がスムーズに進みますよ。

 

  1. 正社員
  2. 人材派遣
    派遣会社(サポート会社)と派遣スタッフ(あなたのこと)が雇用契約を結んで、派遣先企業で働く雇用形態。
  3. 職業紹介
    働く企業とあなたが直接雇用契約を結びます。
    サポート会社は雇用を仲介することになります。
  4. 紹介予定派遣
    直接雇用を前提に一定期間派遣スタッフとして就業する雇用形態。
    直接雇用に関して、派遣先企業、派遣スタッフの合意が取れればそのまま直接雇用契約を結ぶことになります。

 

東京生活をエンジョイできるよう私も応援しています。

Tokyo Diveの公式サイトはコチラ↓


あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ふるさとの山

九州は大好きだけど、一度は東京に住んで働いてみたい

田舎の川

東北地方から東京に転職、東京の親戚に頼るのはそれはそれで面倒

fly with the flare

東京で仕事をして自立したいなら、自分を磨け!

ガッツポーズのビジネスウーマン

案ずるより産むが易し、東京への転職をお考えなら行動すべし!

田園風景

何もない高知の田舎から逃げ出したい。憧れの東京へ転職。

やる気

九州脱出、結婚する前に東京で仕事して生きてみたい!