転職活動に適した時期は? 何月が適しているの?

1年間を通して企業の採用活動にはちょっとした流れがあります。

転職活動を効率よく進めるためには、企業の採用活動の流れは知っておきたいものです。

その流れから転職市場で今がどんな時期にあって、自分としてはどの時期を狙った方が有利なのかなどの目安を持つようにしてください。

企業が中途採用を増やす時期

企業の大まかな年間スケジュールを考えてみましょう。

ポイントは

  1. 新卒入社時期(4月)
  2. ボーナス(7月、11月頃)
  3. 期末(3月、9月)

などの時期です。

まず新卒入社時期について考えます。

新卒社員と一緒に、ある一定数の中途採用を行う企業はじつは結構多いのです。

これは冬のボーナス後の退職者を穴埋めする意味合いが極めて強いのです。

この後にも説明しますが、
ボーナス後には社員の転職の機運が高まり、実際に退職していく社員が増えます。
その穴を埋めるような実践力を持った社員を採用しようとするのがちょうどこの時期なのです。

これと同様に夏のボーナス後にも退職者は増える傾向にあります。

そして半期ごとの期末。
この時期は次の期に向けて人員を増やそうとする動きが出てきます。

ということで、3月、9月が企業の年間スケジュールから見えてくる中途採用を増やす時期なのです。

この資料は求人広告の掲載件数をグラフにしたものです。
3月、9月に掲載数が大きく伸びていることがわかります。

年間を通してこの時期が転職の狙い目の時期と言えるでしょう。

求職者が増える時期

総務省が転職希望者の月別推移という資料を出している。

この資料では転職希望者数には年間を通して大きな変化は見られません。
9月、2月に若干増えているかなといった程度です。

しかしボーナス後に転職エージェントへの問い合わせが増えるといった情報もあります。
とりあえずボーナスをもらって転職を考え出すというのは理解しやすい動きですね。

数字には現れてはいませんが、夏冬のボーナス直後は徐々に転職の機運が高まる時期なのです。

不足の人材をカバーしようとする時期

さて、3月、9月が求人数が増えて、転職の機運が盛り上がるシーズンという話をしました。

採用活動が活性化するこの時期に転職を試みるのは1つの方法ではありますが、競争相手が多く、それなりにハードな戦いを覚悟しなければなりません。

この時期に転職活動に望むのであれば、なるべく早い時期から万全の準備をしていく必要があるでしょう。

準備不足で臨めば、冷やかしと思われてあっさりとふるい落とされる可能性が大きいのです。

しかし準備万端臨んでも落とされるときは落とされます。
しかしそこで諦めてしまうのは気が早すぎるというもの。

3月、9月が採用活動のピークであるが、そのピークを過ぎた5月、11月あたりの求人は第二の狙い目と言えるのです。

実はこの時期は企業側にとっては、メインの時期に取りこぼしてしまった採用人員を取り返す時期なのです。
ですから、そこまでしっかりと粘る覚悟でいるのが転職者としては賢い姿勢なのです。

今回のポイント

3月、9月は企業が中途採用の活動を活発化させる時期であり転職の狙い目の時期。
さらにそれらのピークを超えた5月、11月まではさらに人員の不足分を取り返そうとする動きが残っており、粘って転職活動を続けたい時期。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

家族団欒

転職は生計を共にする家族の問題

パワハラ

会社の会議は『正論』で相手を叩きつぶせと教える上司

眺望

転職を成功させる秘訣は実は〇〇力だった!

目覚め

転職活動中の健康管理は意識的に行おう

パワハラ

辛いパワハラ。最後の反撃は会社を辞めるしかないのか?

やるぞー!

シャープ、東芝の経営危機で渦中の技術者は自分の市場価値に気づき始めている