転職エージェントとハローワークの相違点と賢い使い分け方法を徹底紹介!

楽しい選択

転職活動をするにあたって、転職エージェントを使えばいいのか、ハローワークを使えばいいのか、迷っておられるあなたに情報提供をします。

ここではあなたが現在どこかの企業に雇用されていて、新しい道を転職という形で実現しようとしているという前提でこの記事を書きました。

 

私自身、転職活動をした時に転職エージェントとハローワークの両者を使った経験があります。

その時の経験も活かしつつ説明しますね。

 

両者の特徴を理解して上手に使い分けることが、あなたの転職を実現するためにはとても大切なことです。

 

転職エージェントとハローワークはそれぞれの成り立ちや目的が大きく異なります。

そのためそこに集まる求人情報が大きく異なっています。

 

その辺りから徐々に説明をしていきましょう。

転職エージェントとハローワークの相違点

転職エージェントとハローワークの特徴を下にまとめました。

転職エージェントとハローワークの主な相違点

比較項目 転職エージェント ハローワーク
目的 企業の求人活動を成功させることによる収益の獲得 仕事を求める国民の就労機会の確保
組織種別 民間営利企業、
民間有料職業紹介事業者
法律に基づいて設置された職業安定所、公的機関
主な業務 求人企業のニーズに沿って、求人企業に対して求職者を紹介 求職者向け:職業紹介、雇用保険の受給手続き

企業向け:雇用保険、雇用に関する国の助成金・補助金の申請窓口業務、求人の受理などのサービス提供

利用のための
費用
求人企業:成功報酬、就職者年俸の30%程度

求職者:無料

求人企業:無料
(身体障害者、母子家庭の主婦など雇用な場合は逆に助成金が支給される)求職者:無料
収益 求人企業が支払う成功報酬 国の予算割り当て
求人案件の特徴 求人案件の大半を非公開求人情報が占める。

また国内の全ての求人案件数のうち、これら非公開求人が8割に登る。

これは非公開求人案件のほとんどが小規模な一本釣り的な求人案件であることを示してもいる。

また求人内容は機密性の高いものが多い。

求人案件の全てが公開求人情報。

案件ごとの求人数は非常に幅広い。

マッチング機能 求人企業と求職者を効率よくマッチングさせる。

そのために求人企業側のニーズと求職者側のニーズ/能力を的確に把握していることが必要で、その役割をキャリアアドバイザーが担っている。

 転職エージェントと比較するとマッチング能力は高いとは言えない。

どちらかというと、情報を提供するので、あなたのニーズに見合う求人案件を見つけてくださいというスタンスに近い。

2つの組織はそもそも向いている方向が大きく異なります。

 

転職エージェントは、求人企業のニーズと求職者の能力をマッチングさせることが主な業務です。

契約している求人企業から成功報酬をいただく立場ですから、転職エージェントの最も重要な顧客は求人企業なのです。

よって転職エージェントの実態は職業紹介業というよりは、人材紹介業というのが正しいと言えるでしょう。

 

一方、ハローワークは国民への職業紹介業務という機能を持っており、大小取り混ぜた求人情報を公開しており、職を求める国民、特に社会的弱者(身体障害者、母子家庭の主婦など)にも漏れなく職を紹介しようとしており、ハローワークは求職者のセイフティネットとしての役割があります。

 

では、この2つの組織を私たちはどのように利用すればいいのでしょうか。

メインは転職エージェント、セイフティネットとしてハローワークを利用する

空に万歳何らかのハンディキャップ(身体障害、母子家庭など)を持つ人は、ハローワークで仕事を探すのは有力な方法です。

 

しかしあなたが特別なハンディなどを持っていないのであれば、メインパートナーとして転職エージェントを使うのが良策でしょう。

転職エージェントのマッチング能力を大いに活用すべきです。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 

その場合、ハローワークはセイフティネットということになりますが、転職エージェントのサブとして同時に利用するのがオススメです。

 

一度でもハローワークを使ったことがあれば分かりますが、求人検索用のPCで求人情報を見ただけで自分に合う仕事か否かを判断することはまず不可能です。

その情報に関して相談員に相談しても、深くて詳細な内容はまず返ってきません。

彼らも求人情報の詳細を知らないからです。

 

気の利いた相談員であれば、あなたの疑問に関して電話確認をしたりしてくれますが、結局は面接を受けなければ埒があかないというのが実態です。

 

「最低限の情報提供はします。詳細は面接で確認してください。」

というのがハローワークのスタンスなのです。

ハローワーク利用にあたっての3つの心得

ハローワークは求人企業にとっても求職者にとっても、そのシステムを利用するためのハードルはかなり低いと言えます。

お互いに費用が一切かかりません。

 

気軽に求人案内を繰り返しているブラックな企業が存在するのも事実です。

ハローワークを使うにあたっての3つの心得を伝授しましょう。

  1. 必ず相談員に企業情報を確認してもらう
    ハローワークのサイトから求人情報を閲覧することができます。
    そのデータから直接求人企業に連絡を入れて転職活動を開始することもできるなくはありません。
    しかしハローワークのオフィスには相談員がいるので必ず企業情報の詳細を聞いてみましょう。
    お目当の企業の評判・評価などを聞いてみるのです。
    求人状況を調べてもらうのが良いでしょう。
    断続的に求人を繰り返しているような企業は問題を抱えている可能性が高いです。
    率直に相談してみましょう。
  2. 会社をしっかりと吟味する
    当然のことですが、ハローワークから紹介を受けた会社としっかりと連絡を取って次の行動をとることです。
    ハローワークの相談員が先方に電話連絡をし、様子を聞くこともできます。
  3. 職業訓練なども検討してみる
    自分のスキルが足りないと思うならば、職業訓練なども検討してみることです。
    オフィスに行けば職業訓練紹介のパンフレットが置かれています。
    訓練によっては半年から一年といった期間が長いものもあるから、興味があるのであれば早め早めに動くことです。
    訓練費用の補助もあるので、相談員に相談してみましょう。

関連記事

あなたは「ハローワークの求人企業はブラック企業ばかり」という話しをよく耳にすると思います。 友達からもそんな話を聞くかもしれませんね。 ...

今日のポイント

  • 転職にあたって特にハンディキャップを持っていないのであれば、転職のためのメインパートナーとしては民間の転職エージェントを利用するのが良い。
  • セイフティネットとして、ハローワークも利用する。
    転職エージェントからは紹介されることがないような出会いも期待できます。

 

こちらも参考にしてください。

転職寺子屋
あなたに最適の転職エージェントを見つけよう!

あなたの転職/再就職活動において、転職エージェントは有効な情報源であり、頼りになる伴走者です。

これを利用するとしないとでは結果に大きな差が出てきます。

 

転職エージェントに登録することは活動の第一歩なのです。

さあ、ここから開始してください。

力強い握手
不本意な今の会社生活に終止符を打って新しい可能性に向かって転職しようとしているあなたにとって、転職エージェントは必ず力になってくれます。 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

みんなでガッツポーズ

転職エージェントとハローワークを使ってみて分かった違い

転職エージェントに登録拒否されそうな時の対処方法とは

エージェント

転職エージェントを使うメリットを知っているのと知らないのでは大違い!

ミドルエイジのビジネスマン

転職エージェントから自分の会社に情報漏洩するのが心配…

堂々たる姿勢

転職エージェントの収益構造を知らなければ転職活動で損をする!

オフィスの仲間

異業種、異職種への転職で押さえておきたい3つのポイント